忍者ブログ

NUCLEAIRE

ニュークレール情報板
[1621]  [1620]  [1619]  [1618]  [1617]  [1616]  [1615]  [1614]  [1613]  [1612]  [1611
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

たんぽぽ舎です。【TMM:No2353

2014年12月5日()地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします

                     転送歓迎 重複ご容赦願います

━━━━━━━

★1.経産省前テントひろば 声明 2014124

  村上裁判長の無謀な訴訟指揮を弾劾する  (経産省まえテントひろば)

★2.東電は「福島」に責任を取れ!柏崎刈羽原発再稼働するな!

  フランス よそものネットから仏国内の反原発運動についての報告 など

                             (渡辺秀之)

★3.脱原発テントといのちを守る裁判弁護団 声明  2014124

★4.新聞より

 ◆「不検出」実際は汚染 東電 誤解与える海水簡易分析

  詳細分析 7割からセシウム 福島第一 (125日東京新聞朝刊より)

 ◆再稼働リスク 国民の覚悟は    経営コンサルタント 大坂好明

 (12月4日 東京新聞より)

 ◆15市町村で新組織発足 東海第2原発 安全協定拡大要求へ

 (12月4日 茨城新聞より)

━━━━━━━

※日刊メールマガジンへ『冬季カンパ』のお願い(1年2回夏と冬のお願い)

 毎日(週6回)発行するには人手と費用がかかります。原発・地震-津波・

 火山について正確な情報と原発ゼロ運動のヒントを毎日掲載

 柳田真(たんぽぽ舎共同代表)、鈴木千津子(たんぽぽ舎共同代表)

 ■送付先

 郵便振替:001801403856 加入者名:たんぽぽ舎

 一口1000円 一口以上のカンパをお願いします。

  通信欄に(メルマガカンパとご記入ください)

  〒101-0061 東京都千代田区三崎町262ダイナミックビル5F

  TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797 Eメール nonukes@tanpopoya.net ━━━━━━━

 

 

┏┓

┗■1.経産省前テントひろば 声明

 │ 村上裁判長の無謀な訴訟指揮を弾劾する

 └────(2014/12/4 経産省まえテントひろば)

 

声明 東京地裁によるテント裁判“結審”強行を弾劾する

 

 12月3日、東京地裁大法廷にて、テント裁判第9回口頭弁論が行われた。

今回の口頭弁論では、前回法廷で、当事者参加を申し立てた43名のうち、福

島の女性たちをはじめとする6名が法廷内に入り、福島県双葉町で3・11事

故に遭遇し、現在も都内に避難している亀屋幸子さんの感動的な陳述が15分

にわたって行われた。法廷をうめる多くの人々が涙ながらに聞き入った。

 ところがその直後に、村上正敏裁判長(民事37部)は、「合議のため、5分

間休憩します」といい、3名の裁判官は合議室に消えた。そしてこの「休廷」

ののち、裁判長は、弁護士の証拠・証人調べ請求を却下、続いて間髪を入れず

「今回の法廷で弁論は終わります」とつぶやき、閉廷を宣言することもなくそ

そくさと姿を消した。一瞬の出来事だった。請求却下直後に弁護士が「忌避」

を申し立てたが無視した。傍聴席の多くが何が起きたのか理解できなかったが、

これが昨年3月以来続いてきたテント裁判の「結審」だった。

 

 弁護士らは、直ちに裁判部に抗議したが、村上裁判長は姿を見せず、一切の

要請・確認にも応じなかった。裁判長の「審議終了」発言の前に、われわれは

「忌避」を申し立てた。裁判は止まっているはずだ、という抗議にも一切回答

しなかった。シナリオ通りに法廷は進行した。

 

 先日の進行協議で裁判所は、次回第10回口頭弁論の期日を来年2月26日と指

定した。また今回法廷では前記・亀屋さんの陳述を認めるなど、被告とその代

理人側の意向に応えるかのようなポーズをとりながら、だまし討ち的に「結審

」を強行したのだ。

 われわれは、怒りをもって村上裁判長の無謀な訴訟指揮を弾劾する。これは、

国・経産省の意に沿った、鹿児島・川内原発再稼働情勢の切迫と一体となった

暴挙である。福島原発事故は終わったどころか、始まったばかりだ。廃炉への

道のりは少なくとも数十年といわれている。にもかかわらず原発の再稼働・輸

出などにひた走る安倍政権の血迷った暴走は、まさしく亡国の道である。われ

われは許すことも、諦めることもできない。引き続き、脱原発の砦・テントを

守り抜き、原発をなくし、再稼働を阻止するために全力をあげる決意である。

 

 

 

┏┓

┗■2.東電は「福島」に責任を取れ!柏崎刈羽原発再稼働するな!

 │ 106の賛同団体と共に150人の参加

 │ フランス よそものネットから仏国内の反原発運動についての報告 など

 └────渡辺秀之(たんぽぽ舎ボランティア)

 

 厳しい寒さの中、3日(水)午後5時半から6時半まで、再稼働阻止全国

ネット主催の「川内原発再稼働やめろ!九州電力東京支社抗議行動が行われた。

 引き続き午後7時から、東京電力本店前で「東電は「福島」に責任を取れ!

放射能汚染水止めろ!柏崎刈羽原発再稼働するな!」のコールが鳴り響いた。

呼びかけは、「経産省前テントひろば」と「たんぽぽ舎」。106の賛同団体と

共に、第15回東電本店合同抗議行動が行われた。参加者は約150人。

 

 色鮮やかなのぼり旗10本が林立する中、オープニングコールのあと横浜在住

の方、ふくしま集団疎開裁判の会など4名の抗議アピールがあった。更に、フ

ランスで反原発運動をされている「アソシエーション よそものネット(フラ

ンス):()」のフランス在住邦人の方から、フランス国内での反原発運動に

ついての興味深い報告がなされた。続いて、日本音楽協議会(日音協)、及び

ジョニー・Hさんによる「音楽での抗議」が行われた。その後、経産省前テン

トひろば(テント裁判の経過を踏まえた緊急抗議予定)、たんぽぽ舎(スペー

スたんぽぽ学習講座)等、関連イベント告知があった。

 最後に、ドンパン節(柏崎刈羽バージョン)を全員で歌って抗議行動を締め

くくり午後8時に終了。

 

 カンパが5万円寄せられました。ご支援ありがとうございます。

 カンパの半額はテント裁判支援のため「経産省前テントひろば」に

 援助いたしました。

 また、福島原発告訴団の佐藤和良副団長より連帯のメッセージが届きました。

 内容は、たんぽぽ舎メールマガジンNo.2351(123日発信)に記載しています。

 

 (注)東電本店合同抗議の賛同団体

 

 ○2014年1月~9月の会計報告(簡易版)

 ・収入:411,355円(8回のカンパ活動:408,035円、その他:3,320円)

 ・支出:407,383円(チラシ印刷費用:324,783円、反原連へのカンパ:

  31,777円、会議費(9回):28,240円、交通費補助:10,000円、

  その他:12,583円)

 ・差引収支:3,972円の黒字

 

☆次回(第16回)の東電本店合同抗議は、年明け1月7日(水)午後7時から

 8時、場所:東京電力本店前(東京都千代田区内幸町)

 (JR・地下鉄新橋駅徒歩5分、地下鉄三田線内幸町駅徒歩3分)

 東電本店前抗議に、ぜひ多くの方参加をお願いします。

 引き続き賛同団体を募集中!

PR
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
takeshijo
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]

Template by decoboko.jp