忍者ブログ

NUCLEAIRE

ニュークレール情報板
[1625]  [1624]  [1623]  [1622]  [1621]  [1620]  [1619]  [1618]  [1617]  [1616]  [1615
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

たんぽぽ舎です。【TMM:No2355

2014年12月8日()地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします

                           転送歓迎

━━━━━━━

★1.高コストの原発導入は、核兵器技術を獲得するため

   原発再稼働は、実に愚かな選択  (連載その2)

   IAEAは「原発事故の影響は大したことはない」ことを教育・宣伝する

                                  小出裕章(京都大学原子炉実験所助教授)

★2.国会前でサンタさんに遭遇

   来年にはサンタさんへ私達から希望をプレゼントしたい

   12月5日()129回首相官邸前抗議レポート

                   にしざきやよい(たんぽぽ舎)

★3.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)

  ◆12/20小川仙月さん講演会のご案内

   東京にいちばん近い原発 福島第一原発は東京まで200Km

   茨城県東海第二原発は東京まで120kmという現実

★4.新聞より

  ◆東海第二再稼働反対57

   9条改憲、反対4割超 県内世論調査

                     (12月8日茨城新聞1面より抜粋)

━━━━━━━

12/11()原子力規制庁と交渉  参加歓迎!

 鹿児島から訴える「川内原発再稼働の不当性」

 工事計画と保安規定の審査はどうなっているか?

 日時:1211()1315分より事前集会

    14時から16時:抗議交渉 16時から17:総括集会

  場所:参議院議員会館講堂      資料代:500

 主催:再稼働阻止全国ネットワーク

 共催:反原発・かごしまネット、鹿児島反原発連合

━━━━━━━

※日刊メールマガジンへ『冬季カンパ』のお願い(1年2回夏と冬のお願い)

 毎日(週6回)発行するには人手と費用がかかります。原発・地震-津波・

 火山について正確な情報と原発ゼロ運動のヒントを毎日掲載

 柳田 真(たんぽぽ舎共同代表)、鈴木千津子(たんぽぽ舎共同代表)

 ☆送付先

  郵便振替:001801403856 加入者名:たんぽぽ舎

  一口1000円、一口以上のカンパをお願いします。

  通信欄に、メルマガカンパとご記入ください。

  〒101-0061 東京都千代田区三崎町262ダイナミックビル5F

  TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797

━━━━━━━

 

┏┓

┗■1.高コストの原発導入は、核兵器技術を獲得するため

 |  原発再稼働は、実に愚かな選択  (連載その2)

 |  IAEAは「原発事故の影響は大したことはない」ことを教育・宣伝する

 └──── 小出裕章(京都大学原子炉実験所助教授)

 

 ただし、これまで人間が放射能で地球を汚染してきたことに関しては、様々な経験があります。福島第一原子力発電所の前には、チェルノブイリ原発の事故が1986年にありました。その前には195060年代にかけて、膨大な大気圏内核実験が行われています。空中で核爆弾を爆発させて、放射性物質をばらまいた訳です。

 福島原発事故でばらまかれたセシウム137は、日本政府の公式発表によると、広島原爆168発分だと言っています。それだけでも大変な量ですが、大気圏内核実験はその60倍です。それが太平洋・大西洋、大陸にも降り積もって、地球を汚染したのです。

 ですから、福島事故で海へ流れ出ていっている放射性物質は、正確な評価ができないのですが、セシウムについては、大気中に放出したものと海に放出したものはほぼ同等程度だろう、と思っています。

 そうすると、大気中に放出したセシウム137は、大気圏内核実験で既にその60倍をばらまいて地球上を汚していた訳ですから、全地球を平均的に汚染したとすれば、大気圏核実験のほうが多いのです。太平洋は、これから福島から放出される放射性物質で汚れていきますが、これまでの汚染を超えることは、たぶんないと思います。

 ただし、福島近海や阿武隈川河口は、放射性物質で濃密に汚れています。そこの海産物は取らないというような注意をすれば、良いとは言いませんが、有効な手段の一つだろうと思います。

 

編…IAEA(国際原子力機関)は、福島で1.放射線モニタリング、2.除染、3.福島県立医科大学と協同で健康管理に関する研究・事業を行うとしています。実際には何をやっているのでしょう?

小出…何もやっていないでしょう。実働部隊は、福島県や原子力開発機構などでしょうし、それらが収集したデータを眺めて、指示を出すことはあるかもしれません。

 IAEAは、加盟各国の意を汲む研究者が集まっている国際組織ですが、そもそも「核爆弾開発」に起源をもつ組織です。1945年 、アメリカ合衆国が広島、長崎で原子爆弾を爆発させ、人類は初めて核エネルギーに接することになりました。米国が核爆弾を製造できたのは、第2次大戦で主戦場にならず、資源も豊かだったからです。

 米国は、核兵器を当分は独占できるだろうと思っていたのですが、1949年8月には、早くもソ連が原爆製造に成功し、核の独占は崩れます。そこで米大統領・アイゼンハワーは、核独占を維持しながら核技術開発を継続するために、「原子力の平和利用」を打ち出します。核爆弾製造施設であるウラン濃縮工場や原子炉、再処理工場を、原子力発電施設として外国に売りつけ、金儲けをしながら技術開発を維持したいと考えたのです。

 しかし、原子力発電は核技術そのものなので、原発輸出は核兵器拡散になります。そこで1957年、 米国は国際原子力機関を設立したのです。このためIAEAは、2つの矛盾した役割を負わされることになりました。

 それは、1.「原子力の平和利用」を世界に広め、米国が原発ビジネスで金を儲けることを支えること、2.他国に核兵器を作らせないための徹底した監視、です。国連安全保障理事国は、核兵器を独占して世界を支配する国々ですから、IAEAを通じて核兵器の拡散を阻止しようとしてきたのです。

 IAEAとは、そういう国際機関ですから、原理的に原発否定はあり得ません。福島でやることははっきりしていて、「原発事故の影響は大したことはない」ことを教育・宣伝することです。

 IAEAから派遣された「専門家」の仕事は、「福島で事故は起きましたが、健康被害は大してことはありません」と事故を過小評価するための作業なのです。

 

○目先しか見ない人たち

編…再生可能エネルギー固定価格買取制度が、機能しなくなっていますが…

小出…目先のことしか見られない人たちだと思います。説明します。原子力発電は、燃料のウラン埋蔵量が石炭の数百分の1という少量ですから、早晩消えて無くなります。石油・石炭などの化石燃料は、当分大丈夫ですが、100年の単位では枯渇するエネルギー源です。そうなると、人類が頼るべき枯渇しないエネルギー源は、太陽しかないのです。そのためには、長期の見通しを立てて、計画的にシフトしていくしかありません。

 現状の再生可能エネルギー促進制度には数々の問題があると思いますが、いずれにせよ進まねばならない方向性なので、環境負荷を少なくしながら移行の方法を考えなければならないし、できるだけ早く実践に移す必要があります。

 固定価格買取制度は必要な制度ですが、電力会社は原子力を少しでも延命して、自然エネルギーへのシフトを遅らせたいために、足掻いているのだと思います。本当に困った人たちです。(連載その3に続く)

 ※(人民新聞オンライン 1531 2014/11より許可を得て掲載)

 

 

┏┓

┗■2.国会前でサンタさんに遭遇

 |  来年にはサンタさんへ私達から希望をプレゼントしたい

 |  12月5日()129回首相官邸前抗議レポート

 └──── にしざきやよい(たんぽぽ舎)

 

 国会前でサンタさんに遭遇、サンタさん、来年はサンタさんに希望を私たちからプレゼントします。きっと。

 たんぽぽ舎を出ると学生たちが行き交う街、ビルの屋根に切り取られる空はすっかり冬の深い青だ。地下鉄の駅に向かう道はまだ午後の日差しが残っていたが、内幸町の駅を出るころには、逢魔ヶ刻、魑魅魍魎住む霞ヶ関への道だからこの時刻が相応しいかと、見上げる関西電力東京社のあるビルは、黒々として寒々しい。 恒例の関西電力東京支社前でのミニ行動開始、「再稼働反対!」「大飯はいらない!」「高浜やめろ!」に加え時々のトピックスを織り交ぜながら簡潔に終わる。いつも見守る守衛さんもご苦労様。今日も元気に官邸前に行ってきまぁ~す。

 さて、今宵は月も美しく、銀杏並木の黄色が見事。燃え上がるような木々は、ゴッホもきっとモチーフにしたがるのでは?

 5班国会前担当の私ですが、6時を過ぎると、いつもの通りうろうろ、寒い日はうろうろするのが一番、官邸前、財務省前、国会前、希望のエリア、くまなく偵察。

 希望のエリアから国会前へ渡る交差点を歩いていると、お立ち台にサンタさん発見!何やらスピーチして今まさに降りるところ、何をお話しされたのかな、キャンドルエリアで追いついた、サンタさんは手にランタン持ってまるで絵本から抜け出したよう、スピーチの内容をメルマガに載せたいけど、言葉は通じるのかしら?と、とまどっているとキャンドルエリアの方が、通訳してくれた。ありがとうございました。

 以下、サンタさんからのメッセージ。

 『皆さんもご存じのとおり、私はクリスマスには多くの子ども達に会いに行きます。何処であろうと、待っているこどものところに行きます。

 今年も、いつもと同じように、福島にも行きます・・伊達市、南相馬市、郡山、そして他にも、何処へでも。

 そして・・会う子ども達が近い将来、健康に問題が出てくるだろうと思うと、悲しいです。

 子ども達は、自分では何も出来ない、子ども達は自分の親を信じています。

そして親たちは、国や政治家が私たちよりもずっとよく知っていると思って、その人達の言う事を信じているように見えます。私はとっても悲しいです。』

 来年のクリスマスには、サンタさんへ私達から希望をプレゼントしたいよね。

PR
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
takeshijo
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]

Template by decoboko.jp