忍者ブログ

NUCLEAIRE

ニュークレール情報板
[1536]  [1535]  [1534]  [1533]  [1532]  [1531]  [1530]  [1529]  [1528]  [1527]  [1526
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

たんぽぽ舎です。【TMM:No2312

2014年10月22日()地震と原発事故情報-5つの情報をお知らせします

                           転送歓迎

━━━━━━━

★1.川内原発再稼働阻止緊急行動のお願い

   1028()薩摩川内市議会緊急要請行動にかけつけて下さい

   全国の皆様へ          再稼働阻止全国ネットワーク事務局

★2.国会エネルギー調査会(準備会)傍聴報告

   まだまだ規制委の審査は終わっていない

   原子力規制委員会は原発再稼働推進委員会!その24

                         木村雅英(再稼働阻止全国ネットワーク)

★3.テント日誌10月19日(日)

   経産省前テントひろば1135日 商業用原発停止396日

   10/14経産省前テント撤去訴訟第八回口頭弁論傍聴記    (上村 記)

★4.9月26日川内原発現地・久三崎海岸に「脱原発川内テント」立つ

   九電本社前、霞ヶ関、羽咋、大飯、大阪と続いて

   第6番目のテント ブログが開設されました 脱原発川内テントから

★5.新聞より3つ

  ◆手続き進む川内原発再稼働 避難計画不安根強く

   法的裏付けなく 規制委審査の対象外   (1022日東京新聞「核心」より抜粋)

  ◆「脱原発」前面に出ず 身近な「復興」に重点 福島知事選

  ◆川内原発地元訪問 宮沢経産相「早く」 再稼働の必要性説明へ

                      (2つとも1022日朝日新聞より見出し)

━━━━━━━

10/23アニメ上映と学習会にご参加を!

 リニア中央新幹線がやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!

 『リニア新幹線反対アニメ』上映とお話

   日 時:1023()19時から21

   講 師:はだしの源八おじさん

   会 場:「スペースたんぽぽ」(ダイナミックビル4F)

   参加費:800(学生400)

━━━━━━━

 

┏┓

┗■1.川内原発再稼働阻止緊急行動のお願い

 |  1028()薩摩川内市議会緊急要請行動にかけつけて下さい

 |  全国の皆様へ

 └──── 再稼働阻止全国ネットワーク事務局

 

○薩摩川内市議会は1020日、特別委員会を開催し、川内原発の再稼働賛成を採択した。岩切川内市長はこの採択を受けて、1028日に予定されている市議会本会議において、再稼働同意を取りつける見通しが報じられている。

 周辺自治体も含めた住民説明会では、規制委の説明に多くの質問と反対意見が表明されたにも拘わらず、住民の意思を無視した議会の暴挙は許されない。

1028()の朝からは、薩摩川内市民が再稼働同意を認めないよう、議員一人ひとりへ要請する行動が予定されている。

 ひとたび事故が起きれば、日本が破局的な状態に陥る。

 川内原発再稼働は決して地元だけの問題ではない。

○全国からの声を直接、現地の議員に届けよう。

 1028()午前730分から開始される行動に全国からの結集を呼びかける。

 11月5日、6日、7日に予定されている鹿児島県の特別委員会への要請行動も同様に全国の皆さんの結集をお願いしたい。

 

 ☆1026()14時 薩摩川内市久三崎海岸での風船上げ行動

           集会後、原発ゲート前までデモ(主催:3.11実行委)

 

 

┏┓

┗■2.国会エネルギー調査会(準備会)傍聴報告

 |  まだまだ規制委の審査は終わっていない

 |  原子力規制委員会は原発再稼働推進委員会!その24

 └──── 木村雅英(再稼働阻止全国ネットワーク)

 

 1016()夕刻に第43回国会エネルギー調査会(準備会)「原発再稼働の法的側面~無責任構造を問う~」を傍聴した。

 原子力市民委員会から「声明1:原子力規制委員会の存在意義が問われている」、「声明2:原子力規制委員会が審査書を決定しても原発の安全性は保証されない」、「川内原発をめぐる手続き的側面~火山・避難・住民説明~」の資料のプレゼンとそれに続く規制庁と資源エネルギー庁との質疑から、特に次のことが明らかになった。

「工事計画認可、保安規定変更の審査はまだこれから」

 21日の規制委審査会合で九電が呼ばれて、1号機について出した工事認可申請と保安規定のヒアリングがなされる。すなわち、審査はこれから始まる。

 特に、基準地震動620ガルに対する耐震対策が充分かどうかが問題。後藤政志さんの、当初開発時の基準地震動から620ガルと約2倍に上げるという技術的に無謀なことをやって設計上大丈夫だと言えるはずがない、という指摘が説得的であった。

 一方、満田夏花さんの火山・避難・住民説明についての指摘には、規制庁の応答はいつもの全く納得できないものであった。それでも、興味深い回答がひとつあった。規制庁が工事計画認可・保安規定変更認可の審査がこれからであることを説明しながら、質問に答えて「パブコメをやるかどうかは決まっていない」と答えた。規制委がやるパブコメ意見をほとんど無視した実績から、パブコメに何も期待することはできないが、パブコメをやるほどこれからの工事認可・保安規定の審査も重要なものであることを規制庁が認めたのだ。

 経産相が入れ替わる中、20日に薩摩川内市議会が原特委(川内原子力発電所対策調査特別委員会)を開催して再稼働推進陳情を採択(反対陳情を不採択)28日の議会決定に突き進み、鹿児島県も前倒しで、「地元理解」を既成事実化しようとしているが、まだまだ工事計画認可・保安規定変更認可の規制委の審査を監視し、反対の声をあげ、大きくしていくことも重要である。

PR
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
takeshijo
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]

Template by decoboko.jp