忍者ブログ

NUCLEAIRE

ニュークレール情報板
[1504]  [1503]  [1502]  [1501]  [1500]  [1499]  [1498]  [1497]  [1496]  [1495]  [1494
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

たんぽぽ舎です。【TMM:No2296

2014年10月3日(金)地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします

                           転送歓迎

━━━━━━━

★1.鹿児島現地から訴える ストップ!!川内原発再稼働

  先月27日、木曽の御嶽山の大噴火、誰ひとり予知出来ず!(岩井 哲)

★2.927928「川内原発再稼働を許さない共同行動」に参加して

  相談会~交流会。全国からの参加者との距離が短くなったと実感

  川内原発近くの砂浜に作られた「川内原発テント」を訪問

  大袈裟でなく、今まさに、日本の歴史、人類の歴史の分岐点(松本英治)

★3.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)

 特別上映会「イエロー・ケーキ クリーンなエネルギーという嘘」

 10月15日(水)1030分~ 豊島北教会(東京・豊島区)

★4.新聞より

 ◇電力5社、相次ぎ停止 再生エネルギー新規契約

  (101日 朝日新聞 名古屋 朝刊より)(見出しのみ)

 ◇九電が首都圏で電力小売り参入へ 千葉に大規模発電所

  (930日 朝日新聞より)(見出しのみ)

 ◇川内再稼働、年明け以降に 九電、工事計画一部提出

  (930日 共同通信より)

 ◇御嶽山噴火、水蒸気爆発の典型的な前兆あった レベル2出すべきだった

  有珠山予知の学者が批判  (103日 東京新聞より)

 ◇有珠山抱える自治体では前兆現象=噴火の認識

  (102日 室蘭民報より)

 ◇川内原発の火山影響 論議再燃 九電「3万年前、火災流到達」

  (103日 東京新聞「こちら特報部」より)

━━━━━━━

★5日()14時から[懇話会]<<木幡ますみさんを囲んで>>

 テーマ:吉田元所長証言、汚染水、中間貯蔵地、福島県知事選挙 その他

 参加費 800円 ぜひご参加ください!!

★6日()19時から[学習会]沖縄と原発 その共通点と今後の活動のヒント

 お話:水沢澄江さん 参加費800円(学生400円)

 開始少しまえ~現地DVD上映「辺野古・住民たちの抵抗と海上の闘いの今」

(両日とも、会場は「スペースたんぽぽ」です)

━━━━━━━

 

 

┏┓

┗■1.鹿児島現地から訴える ストップ!!川内原発再稼働

 │ 先月27日、木曽の御嶽山の大噴火、誰ひとり予知出来ず!

 └────(かごしま反原発連合有志 岩井 哲)

 

◎昨年11/20、小笠原・西之島近くに突如“新島出現”、その後成長

◎今年8/3、屋久島町・口永良部島の新岳が突如噴火、現在も噴煙

 

今回の御嶽山噴火についての政府筋のコメント

 ★小渕経産相:「火山対策も含めて、世界で最も厳しい新規制基準に適合

  した」・・ウソばっかり。火山対策は元々抜けており、パブコメ後も

  完全スルー。

 ★菅官房長官:「川内原発は火山が(周囲に)あって、火砕流がそこまで

  行かないことは明快。全く心配ない」・・なぜ「明快」なのか、

  まったく根拠不明。

 ★田中俊一原子力規制委員長:「水蒸気爆発と大噴火を一緒にするのは

  非科学的」・・爆発の種類の違いをいくら語っても、噴火は噴火、

  被害は被害。

  そもそも、「火山学」に何の知見もないエセ科学者の逃げ口上。

 

火山噴火について、九州電力のコメント

 ★九州電力:「噴火は監視出来る」「噴火の兆候があれば核燃料を外へ

  運び出す」・・監視は出来ても「予知」は困難。冷やしてから運び出す

  のに数年かかるというのに、分かるのは早くて数日・数時間前らしい。

  どこへ持って行くかもあてはない。出来もしないタワゴトはやめてくれ。

 

予知連・藤井会長のコメント

 ★藤井会長:「予知連に予知しろと言われても術(すべ)がない」「規制委

  に予知する術があるとも思っていない」・・日本最高の火山学者の集まり

  が「予知連」、その「予知連」がお手上げ状態。まして「お手上げ予知連

  」にダメを出された規制委が、何を言っても、空しい。今や規制委員会は、

  原発「推進委員会」!

 

動き出した「中央構造線(=日本最大の活断層)」、

その先端が川内原発まで伸びている。これを無視して、

原発再稼働は許されない!!

 

 

┏┓

┗■2.927928「川内原発再稼働を許さない共同行動」に参加して

 │ 相談会~交流会。全国からの参加者との距離が短くなったと実感

 │ 川内原発近くの砂浜に作られた「川内原発テント」を訪問

 │ 大袈裟でなく、今まさに、日本の歴史、人類の歴史の分岐点

 └────(松本英治 神奈川県在住)

 

 2014年9月27日(土)、鹿児島空港から川内市内へ向かうバスの中で、

<御嶽山噴火>(長野県と岐阜県にまたがる)のニュースがネットから飛び込

んで来ました。何の因果なのか?

 川内原発の近くには桜島を始めとして火山が複数ある。今回、川内原発に行

く前の学習会で、何度、「火山噴火が原発事故の致命的な原因」になると聞い

たことか。

 夕方から、再稼働阻止全国ネットワ-クの相談会。約200名が参加。再稼働

阻止のための意見が多数出されます。夜は交流会。やはり、直接、顔と顔を会

わせ、話し合う事が一番のコミュニケーションですね。全国からの参加者との

距離が短くなったと実感。

 

 翌日28()の午前中は、川内原発ゲート前抗議行動。約250名が参加。

「川内原発再稼働反対」のコールが何度も繰り返されます。広瀬隆さん(作家)

が持参した福島県の牛の特大写真パネル。牛には無数の白い斑点があります。

放射能で内臓がおかしくなった影響と考えられるとのお話。放射能の影響は牛

に留まらず、あらゆる生き物、勿論、ヒトにも。

 その後、川内原発近くの砂浜に作られた、経産省前テントの兄弟分の川内原

発テントを訪問。テントを立てられた方々、そして、監視の為にテントにいる

方々の執念に深く敬服。

 

 午後からは、鹿児島市内、天文館公園にて「ストップ川内原発再稼働!

9.28全国集会」約7500名の参加者。そして、約2時間のデモ行進。鹿児島

の人々に、全国の人々に「川内原発再稼働反対」を心の底から訴えました。

 デモ終了後、木田せつ子さん(福島の女たち)が辻説法をすると聞き、天文

館の繁華街の一角に飛んで行った。福島の悲惨な状況を聞くにつれ、比喩でな

く、体が震える。いま現在、全く収束していない福島原発事故がある一方で、

川内原発の再稼働? 大袈裟でなく、日本の歴史、人類の歴史の分岐点に、今、

私たちは生きています。

 

 ヒトとして、生物的反応として、殺されない為に、

 脱原発しか選択肢はあり得ません。

 

 最後に、今回の行動に対して、事務局宛てに、多数の方からカンパを頂き、

参加者は旅費の一部を援助して頂きました。ありがとうございました。

この場をお借りして、厚く御礼申し上げます。

PR
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
takeshijo
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]

Template by decoboko.jp