忍者ブログ

NUCLEAIRE

ニュークレール情報板
[1498]  [1497]  [1496]  [1495]  [1494]  [1493]  [1492]  [1491]  [1490]  [1489]  [1488
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

たんぽぽ舎です。【TMM:No2294

2014年9月30日()地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします

                              転送歓迎

━━━━━━━

★1.「噴火は予知できる(九州電力川内審査書)」を認めた規制委は大まちがい

   御嶽噴火は予知できなかった・爆発-多数の死者、今後も爆発の恐れ

   川内原発合格証は不当だ。規制委は謝罪して取り消せ!

        再稼働は日本を滅ぼす第18

          柳田 真(たんぽぽ舎・再稼働阻止全国ネットワーク)

★2.私の住んでいる岐阜・長野県境に位置する御嶽山が突然噴火した        

   気象庁でも難しい噴火予知を事業者が適切に予知することなど到底期待できない

            中川敦詞(岐阜県在住・たんぽぽ舎会員)

★3. 2014926日金曜官邸前抗議行動に参加して

   規制委員長は規制基準を満たした原発でもその安全を保障しないと言う

      財務省上で風刺画を並べているところに吉永小百合さんの似顔絵が登場した

                斎藤なぎさ(たんぽぽ舎ボランティア)

★4.新聞より4つ

  ◆  川内再稼働阻止へ全国と連携

    反原発運動の100人、薩摩川内市で交流 きょう鹿児島市で集会

                     (928日西日本新聞より)  

    ◆反再稼働7500人集会 川内原発

   噴火予知 参加者ら不安の声     (929日毎日新聞鹿児島版より)

  ◆再び水蒸気爆発の恐れ 御嶽山噴火

   火山活発化 捜索また中止        (930日東京新聞見出しのみ) 

  ◆ 再生エネ買い取り中断 北海道・東北・四国電も   あすから

                                      (930日東京新聞より抜粋)

━━━━━━━

10/1川内原発再稼働をやめろ!九州電力東京支社抗議行動

 日時:10月1日()1730分~1830

 場所:九州電力()東京支社 JR有楽町駅日比谷口の目前

    東京都千代田区有楽町1-7-1有楽町電気ビルヂング北館7F

 主催:再稼働阻止全国ネットワーク(たんぽぽ舎も参加、構成団体)

━━━━━━━

※第13回東京電力本店合同抗議

 東電解体!汚染水止めろ!柏崎刈羽原発再稼働するな!原発再稼働は日本を滅ぼす

 日 時:10月1日()19時~20

 場 所:東電本店前(JR・地下鉄新橋駅徒歩5分、JR有楽町駅徒歩10分)

 よびかけ:経産省前テントひろば・たんぽぽ舎

━━━━━━━

 

┏┓

┗■1.「噴火は予知できる(九州電力川内審査書)」を認めた規制委は大まちがい

 |  御嶽噴火は予知できなかった・爆発-多数の死者、今後も爆発の恐れ

 |  川内原発合格証は不当だ。規制委は謝罪して取り消せ!

 |       再稼働は日本を滅ぼす第18

 └──── 柳田 真(たんぽぽ舎・再稼働阻止全国ネットワーク)

 

○9月10日規制委員会(田中委員長)は「噴火は予知できる」と書いた九州電力川内原発の申請書の合格証を出した。多くの火山学者が「火山の予知はむつかしい」と反対しているのに、それを無視しての決定だった。

 御嶽山の噴火は予知できなかった。噴煙は7000メートル、火砕流もあり、30名をこす死傷者が出た。規制委の審査は「始めから川内原発再稼働ありき」のインチキ審査だった。良心が少しでもあるならば、規制委は九州電力川内原発合格証を謝罪して撤回=取り消すべきだ。

○安倍内閣菅官房長官の居直り発言は許されない!929日菅氏は「火山の噴火の予知が困難」でも川内再稼働「影響せず」と発言した。国民の安全を守るべき政府のトップの発言として、許せない発言だ。川内原発は「最も火山の危険が高い原発」といわれている。火山・地震・津波の国日本、しかも今は地震活発期だ。

川内再稼働は日本を滅ぼす。

 

┏┓

┗■2.私の住んでいる岐阜・長野県境に位置する御嶽山が突然噴火した        

 |  気象庁でも難しい噴火予知を事業者が適切に予知することなど到底期待できない

 └──── 中川敦詞(岐阜県在住・たんぽぽ舎会員)

 

○日本には110の活火山がある。

 その中の一つ、私の住んでいる岐阜・長野県境に位置する御嶽山が突然噴火した。

 御嶽山は常時監視されている火山であり、噴火警戒レベルの運用もなされていたが、結果的にその噴火を予知することはできず、多くの登山客が巻き込まれる惨事となってしまった。

 この噴火から私達は火山災害の恐ろしさを知るとともに、日本が火山国であることを改めて認識させられた。

 火山は日本全国に存在し、日本全土がその噴火災害の危険にさらされている。

 その日本で原発を稼働することは極めて危険なことである。

 現在、再稼働の審査合格証の出された川内原発、ここでも火山噴火の危険性が取り上げられている。

○川内原発付近は過去にカルデラ噴火による火砕流におそわれた痕跡があることを九州電力自身が認めた。

 これについて九州電力や規制委は、火山噴火の兆候をとらえ、原子炉の停止・核燃料の搬出などを実施するとし、しかも事業者がそれを行うとしている。

 しかし、今回の噴火でもわかったように、気象庁でも難しい噴火予知を事業者が適切に予知することなど到底期待できないのであるし、しかも火山噴火には様々な形態があり、原子炉の停止や核燃料の搬出ができる時間的余裕が必ずあるとも限らず、この火山審査は極めて楽観的なもの、いいかげんなものと言わざるを得ない。

 このような楽観的な審査で安全といわれても、何の説得力もないのである。

 また私個人として、今回の噴火では火山災害が身近なものと考えていなかったことも思い知らされた。

○私は火山が多く存在する岐阜県に生まれ育ちながら、火山災害について何ら教わったことはなく、火山噴火について無知であった。

 今一度、日本が火山国であることを広く知らしめて、それを踏まえ原発は廃炉にすべき必要があるのではないか。

PR
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
takeshijo
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]

Template by decoboko.jp