忍者ブログ

NUCLEAIRE

ニュークレール情報板
[1396]  [1395]  [1394]  [1393]  [1392]  [1391]  [1390]  [1389]  [1388]  [1387]  [1386
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

たんぽぽ舎です。【TMM:No2242

2014年8月4日()地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします

                           転送歓迎

━━━━━━━

★1.勝俣元東電会長らの「責任逃れ」は許されない

   検察審査会の起訴相当は当たり前

   8月6日()東京電力追及行動にご参加を

   再稼働は日本を滅ぼす 連載18

         柳田真(たんぽぽ舎、再稼働阻止全国ネットワーク)

★2.モンゴルで進むウラン鉱山開発と潜む核廃棄物処分場建設

   日本人はモンゴル産のウランを買いますか?

   そのゴミをモンゴルに引き取らせますか?

   市民による国際連帯運動の拡がりを

   -核の廃絶を目指して全9回シリーズ 第4弾-の報告

   講師:今岡良子さん(大阪大学言語文化研究科准教授)

             西村俊弘(たんぽぽ舎講座運営委員)

★3.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)

  ◆「8月29日第二次疎開裁判の提訴」についての記者会見のお知らせ

   8月18()17時~1845分 場所:参議院議員会館 講堂

★4.新聞より2つ

  ◆規制委の目は節穴か 伊方原発地層「岩盤固い」 

   島崎邦彦氏の調査・やり方は、地元の要望や意見を無視している

            (7月24日別冊南海日日新聞〔東京新聞〕より)

  ◆作業員線量 引き上げ 原発事故時、規制委方針

            (7月31日東京新聞より)

━━━━━━━

※8月6日()2つの行動 参加歓迎!

 17:0018:00 九州電力東京支店抗議  有楽町電気ビル前集合

  18:3020:00 東京電力本店合同抗議行動  東電本店前集合

━━━━━━━

 

┏┓

┗■1.勝俣元東電会長らの「責任逃れ」は許されない

 |  検察審査会の起訴相当は当たり前

 |  8月6日()東京電力追及行動にご参加を

 |  再稼働は日本を滅ぼす 連載18

 └──── 柳田真(たんぽぽ舎、再稼働阻止全国ネットワーク)

 

・東京電力が日本史上最悪の原発大惨事、しかも世界史上でも初めての1-4号機の4基もの連鎖原発大事故を起こして3年5ヵ月。この間、多大な迷惑を福島県民をはじめ多くの人々にかけながらも、東京電力幹部は誰一人として責任をとらずだった。しかし、ついに、7月下旬、東京検察審査会は、あたり前の声を生かして、元東電会長勝俣氏ら3人の幹部を“起訴相当”と議決した(本当は告訴された全員を起訴してほしかった)。私たちはこれを支持する。

・今後は、東京地検に対して当然にも起訴せよ-と迫る大衆行動が肝要だ。巨悪を見逃していては法治国といえない。東京地検は、前回は不起訴という悪い不当な決定をした。これが市民の常識でくつがえり、起訴相当に変わった。しかし今後もう一度、地検がまちがい決定をする恐れはある。それをさせない力は、東京と全国の大衆運動の力である。東電追及の世論と行動である。

・その有力な一つとして、たんぽぽ舎と経産省前テントひろばは、東電追及の大衆行動を10ヵ月以上、10回にわたって毎月1回、第1水曜日の夕方にやりぬいてきた。

 今月は8月6日()18:30から20:00である。

 多くの皆さんが東京電力本店合同抗議行動の重要な意義を理解され、ぜひ参加を呼びかけます。

・なお、当日は九州電力東京支店への抗議行動(川内原発再稼働するな)が、17時から18時まで、JR有楽町駅中央口前の電気ビル前(その7Fが九電東京支店)でおこなわれます。合わせてご参加下さい。2つの電力会社の距離は、歩いて10分強ほどです。

・又、8月8日()は、福島原発告訴団の呼びかけで、12時に東京地検前(東京地裁の裏側)、そのあと、東京電力本店抗議行動がおこなわれます。連続して東京電力を攻めて、責任をとらせよう、参加歓迎

 

 

┏┓

┗■2.モンゴルで進むウラン鉱山開発と潜む核廃棄物処分場建設

 |  日本人はモンゴル産のウランを買いますか?

 |  そのゴミをモンゴルに引き取らせますか?

 |  市民による国際連帯運動の拡がりを

 |  -核の廃絶を目指して全9回シリーズ 第4弾-の報告

 |  講師:今岡良子さん(大阪大学言語文化研究科准教授)

 └──── 西村俊弘(たんぽぽ舎講座運営委員)

 

○ 8月2日(土)「スペースたんぽぽ」において、大阪大学准教授・今岡良子さんを迎え、モンゴルで密かに進む核廃棄物処分場建設の計画についての講座をおこないました。

  講演は、モンゴルのマルダイ鉱山跡の話から、ドラーン・オール鉱山のILS法による、2700トンのウラン採掘にともなう汚染、水面下で進行する包括的燃料サービス(CFS)構想の危険へと、高く澄んだ声で力強く語られていく。

  マルダイ鉱山跡地のボタ山に線量計を近づけると5.8μSV/時を示した、ボタ山の上の線量は24μSV/時と高線量であった。

  マルダイ鉱山はロシアの核兵器の原料であるウランを採掘するための鉱山であった。

  マルダイ周辺の住宅の中の線量は0.2μSV/時であったが、マルダイから建築資材を運んで建てた家では0.4μSV/時であった。周辺住民は低線量被爆の問題を抱えて生きている。

  仏アレバ系開発会社ゴジェ・ゴビ社が201012月から半年にわたり、化学薬品でウランを溶かして吸い上げる方式(ILS法)でドラン・オール鉱山から、2700トンのウランを抽出した。

  周辺地域では201212月から鉱毒被害により、家畜の異常死や奇形があいついだ、アルタンホヤング首相は専門家の調査をもとに「原因はウランではなく、セレン、銅、アンチモンの可能性がある。」と発表。死んだ家畜はゴジェ・ゴビ社によって証拠隠滅のために焼却された。

  ゴジェ・ゴビ社が試験採掘をおこなった、ドルノゴビ県のオラン・バドラフとズーン・バヤンの遊牧民は同社の操業停止と早急で公正な調査を求めて、会社を実力封鎖した。

  モンゴル産のウラン燃料を原発導入国に輸出し、使用済み核燃料はモンゴルが引き取る「包括的燃料サービス(CFS)」構想の実現に向けた日本、米国、モンゴル3カ国政府の合意文書原案が2011年7月18日に明らかになった。モンゴルで騒ぎが大きくなったため、モンゴル外務大臣は「現行法ではモンゴル産でない核廃棄物の受け入れは難しい。」と発表、幕引きを計った。

  CFSには、鉱山開発、精錬事業、輸送ルートの建設から処分場建設まで巨大な利権が潜んでおり、国際原子力マフィアの最重要テーマであるために、いまでも水面下で進行しており、3・11以降、消えていたウランの文字が外務省のホームページに復活した。

 

※今回の講座の記事が8月5日()の東京新聞に掲載されます。

◎次回の-核の廃絶を目指して 全9回シリーズ 第5弾-は、

「台湾特別編」台湾第四原発の映画「こんにちは貢寮(コンリャオ)」上映と講演

日 時:8月9日()18時~20

講 師:陳 威志(たん うぃち)さん

会 場:「スペースたんぽぽ」(ダイナミックビル4F)

参加費:800(学生400)

PR
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
takeshijo
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]

Template by decoboko.jp