忍者ブログ

NUCLEAIRE

ニュークレール情報板
[1394]  [1393]  [1392]  [1391]  [1390]  [1389]  [1388]  [1387]  [1386]  [1385]  [1384
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

たんぽぽ舎です。【TMM:No2241】 

2014年8月2日()地震と原発事故情報-3つの情報をお知らせします        

                                                      転送歓迎

━━━━━━━

★1.今年も、放射能被爆の原点8・6広島へ行きます。10回目

   原爆なくせ、原発なくせ、劣化ウラン弾なくせ

     山本勇祐(劣化ウラン兵器禁止・市民ネットワーク、たんぽぽ舎)

★2.「第2回福島を忘れない・全国シンポジウム」に参加しました。

    自治体から国を変えるしかない。

         武笠紀子(反原発自治体議員・市民連盟、たんぽぽ舎会員)

★3.新聞より8つ

  ◆福島知事選に向け再始動 小泉・細川連合「安倍潰し」の秘策 (81日日刊ゲンダイより)

  ◆「起訴相当」は市民感覚【金曜日の声 官邸前】           (82日東京新聞より抜粋)

 ◆ 再稼働「国の責任曖昧」 小泉元首相 原発ゼロ主張      (81日朝日新聞見出し)

 ◆「川内進めば 他はスムース」 菅官房長官                   (81日朝日新聞見出し)

 ◆ 原発ゼロでも6社黒字  電力1046月決算 東電「コスト削減徹底」

   再稼働頼みの3社は赤字 北海道電、再値上げ申請 

   企業、負担増に備え                                  (81日朝日新聞見出し)

 ◆ がれき粉じん7回宮城へ

   東大など調査 福島第一原発59キロ先      (7月31日朝日新聞見出し)

 ◆ 汚染ごみ 見えぬ行方    原発事故で14万トン発生

   最終処分場候補地 栃木は塩谷町   国説明に地元反発

   12都県仮置き続く                               (7月31日朝日新聞見出し)

  ◆ 原発再稼働を問う   詩-若松丈太郎、俵万智    721日東京新聞より)

━━━━━━━

※8月6日()・8月8日(金)東電追及の2つの行動があります。 参加歓迎!

◇8月6日()2カ所で抗議行動 参加歓迎!

 17:0018:00 九州電力東京支店抗議  有楽町電気ビル前集合

  18:3020:00 東京電力本店合同抗議行動(11回) 東電本店前集合

◇8月8日()2カ所で抗議行動 参加歓迎!

 12:0013:45  東京地検前&東電本店前「汚染水」打ち水抗議行動

 12:00 東京地検前集合 (注;東京地裁前ではなく東京地検前に変更になりました) 

 13:00 東京電力本社前行動(打ち水します)    

      ☆この日は、福島から、告訴団の皆さんがバスで上京されます。

   ☆あなたもバケツ・ペットボトル・ひしゃく等持ち寄って下さい。

    「汚染水」のラベルを貼って、打ち水しましょう。       

6:008:00は首都圏反原発連合主催の恒例の官邸前金曜行動があります

━━━━━━━

 

┏┓

┗■1.今年も、放射能被爆の原点8・6広島へ行きます。10回目

 │  原爆なくせ、原発なくせ、劣化ウラン弾なくせ

 └──── 山本勇祐(劣化ウラン兵器禁止・市民ネットワーク、たんぽぽ舎)

      

○今年も、放射能被爆の原点8・6広島へ行きます。

 このメルマガで参加者募集をしましたが、お陰さまで定員以上の13名の参加応募がありました。

 原爆と原発は表裏一体のもの。核兵器や原発の核燃料を製造する過程で、大量に生成される劣化ウラン。これを兵器に転用し、湾岸戦争やイラク戦争で大量に使用されたために、特にイラクでは、現在も多くの人々が白血病やガンで苦しめられています。

 私たちは毎年8・6広島へ行き、原水禁の分科会や市民集会に参加し、放射能兵器であるウラン兵器の禁止、核兵器の廃絶、全ての原発の廃炉を訴え、全国から集まる人たちと交流してきました。

○今年で10回目となり、8月4日-6日現地で合流する仲間も含め1516名となります。

 2009年、2010年には上関原発の計画が進められている、祝島へわたり現地で長年上関原発建設反対の運動を続けている「島民の会」との交流なども行ってきました。

 2011年3・11東京電力福島第一原発事故以降、原発の危険性が改めて叫ばれ、大きな課題の一つになっています。

○「核は軍事利用であれ、平和利用であれ、人間の存在を否定する。核と人類は共存できない。」森瀧市郎さんの(哲学者、反核運動家)の言葉をかみしめて広島での行動にとりくんできたいと思います。

 

┏┓

┗■2.「第2回福島を忘れない・全国シンポジウム」に参加しました。

 │   自治体から国を変えるしかない。

 └──── 武笠紀子(反原発自治体議員・市民連盟、たんぽぽ舎会員)

 

○「反原発自治体議員・市民連盟」が中心になってシンポジウム実行委員会を作っての開催です。

 現地、川俣町議員からの現状報告、元双葉町長の話、現地で告訴団の代表をしている住職、原発訴訟の弁護士、福島大学名誉教授のお話も聞きました。

 会場いっぱいの参加者(約150名)で、皆さん、メモをとりながら熱心に話を聞いていました。

 その中で、弁護士さんのお話は原発訴訟のことでした。

 裁判所は「行政裁量論」を使って原告の請求を却下する。そのため、まず国策に反する判決はでない。今までに原告が勝訴したのは2件(一審1件、二審1件)しかない。最高裁では全て敗訴。行政訴訟に関しては司法制度改革はほとんど進んでいない。原因は官僚の凄まじい抵抗。

○今回の大飯原発訴訟はたいへん画期的なこと。「司法は生きていた」との言葉に共感した。

 『人格権』について「安全性は極めて高度なレベルが必要」とし『国富』について「貿易赤字は国富の流出や損失ではない」「国土や自然を失うことが国富の損失である」と断じた。

 国と関電に「本質的危険性」に対する認識がない。「地震が基準振動を超えない」との想定は楽観的過ぎるとしている。

 この判決は原発と闘っている人に勇気を与えた。「闘えば勝てる」今、福島原発事故関連の18の裁判が行われ、原告は7000人を超えている。近く福岡でも始まる。被告は東電と国。全ての損害(実質的金銭被害とふるさと喪失による精神的被害)

○いわき市での訴訟の目的は、加害者(東電ほか)による真の謝罪と被害者の人権回復である。

 東電原子力損害賠償紛争審査会への浪江町ADR集団申し立てでは「予測不能 天災による無過失」で終わり。国の言い分は「予見できない地震と津波、結果回避はできなかった。当時の規制基準には合っていた」など。

 裁判では未曾有の人権侵害であることを強調し、被害の理解ため「五感で見てもらいたい」と裁判官による現場検証を要求している。

(裁判の勝利の3要素)

・原告と弁護団の和の力

・科学の力(公害裁判)

・国民世論の盛り上げ

 自治体から国を変えるしかない。函館市が原告として大間原発差し止め訴訟を行っている。注目し、みんなで応援したい。

PR
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
takeshijo
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]

Template by decoboko.jp