忍者ブログ

NUCLEAIRE

ニュークレール情報板
[1615]  [1614]  [1613]  [1612]  [1611]  [1610]  [1608]  [1609]  [1607]  [1606]  [1605
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

たんぽぽ舎です。【TMM:No2350

2014年12月2日()地震と原発事故情報-5つの情報をお知らせします

                           転送歓迎

━━━━━━━

★1.日刊メールマガジンへ『冬季カンパ』のお願い(1年2回夏と冬のお願い)

   毎日(週6回)発行するには人手と費用がかかります

   原発・地震-津波・火山について正確な情報と原発ゼロ運動のヒントを毎日掲載

                 柳田  真(たんぽぽ舎共同代表)

                         鈴木千津子(たんぽぽ舎共同代表)

★2.「討論しよう!安倍政権2年間と原発再稼働」第3回

   脱原発議員を多数選出し安倍政権の暴走をストップ

   一人区の地方選-オール野党で対決していく姿勢

                     清水 寛(たんぽぽ舎会員)

★3.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)

    2/10脱原発かわさき市民  映画「日本と原発」上映会のお知らせ

            会場:てくのかわさきホール(川崎市溝ノ口)

★4.新聞より2つ

  ◆沸騰水型、現地調査へ 規制委 柏崎、島根、女川の3原発  (12月1日茨城新聞より抜粋)

  ◆49歳男性 続く作業事故 公表減る東電  (12月1日東京新聞「ふくしま作業員日誌」より抜粋)

★5.テント日誌1130()

   経産省前テントひろば1177日 商業用原発停止440

   月1回の川柳句会は楽しい お題は「平和」と「動く」  (I・K)

   乱さんの公害談議  (K.M)

━━━━━━━

12/3()抗議行動

 第9回経産省前テント裁判 傍聴と集会 15:00開廷103号法廷

      14:00東京地裁前集合 報告集会17:00~参議院議員会館講堂

 12/3()抗議行動 17:3018:30

 九州電力川内原発再稼働反対 九電東京支社への抗議行動

        有楽町電気ビル前(JR有楽町日比谷口下車)

        主催:再稼働阻止全国ネットワーク

 12/3 ()抗議行動 19:0020:00

 第15回東電本店合同抗議  場所:東京電力本店前

  呼びかけ団体:経産省前テントひろば、たんぽぽ舎

  賛同団体:東電株主代表訴訟、他106団体

━━━━━━━

 

┏┓

┗■1.日刊メールマガジンへ『冬季カンパ』のお願い(1年2回夏と冬のお願い)

 |  毎日(週6回)発行するには人手と費用がかかります

 |  原発・地震-津波・火山について正確な情報と原発ゼロ運動のヒントを毎日掲載

 └──── 柳田  真(たんぽぽ舎共同代表)

               鈴木千津子(たんぽぽ舎共同代表)

 

■.たんぽぽ舎のメールマガジンは、2000年4月頃より、週2~3回程度で発信してきました。2011年3月11日の東電福島第一原発大惨事からは、「日刊」のメールマガジン(月~土曜日発行・日曜休み)として発信しています。

 3・11東電福島第一原発大惨事以降は運動上の要請から「ちょっとムリ」をして、日刊で出し続けてきました。3年余で発信数は飛躍的に増え、現在6000件ほどのメールアドレスに送っています。アドレスの内容としては全国の原発現地と連帯行動したさいに、地元の運動体の人々とテレビ、新聞各記者と名刺交換したのでそれらを全部含んでいます。

■.日刊で出すにはかなりの人手と費用がかかります。原発や地震-津波の知識とメール発信のセンスもいります。定期購読新聞(東京、朝日、毎日、茨城新聞)をはじめ、多方面の新聞・雑誌からの情報。たんぽぽ舎に届くたくさんのメールのチェックなど。多くの人の協力-原稿やメルマガ発信の諸々の作業など。また皆さまからのカンパなどにより続けられたことに感謝します。

■.1年2回、夏と冬に「日刊メールマガジン」へカンパをお願いしています。

 たんぽぽ舎・同スタッフは3・11事故後の3年有余の忙しい活動で「かなりくたびれてきました」。

 それでも川内原発再稼働の動きやキナ臭い「集団的自衛権の閣議決定」などの悪い動きをみると、ゆっくり休みたくてもなかなかできません。身体に鞭打ち、引き続いて「日本を滅ぼす原発再稼働」をストップさせる活動などに全力をつくしたい。

 心ある皆さんの暖かい冬季メルマガカンパをお願いします。

■.送付先

  〒101-0061 東京都千代田区三崎町262ダイナミックビル5F

         TEL 0332389035 FAX 0332380797   Eメール nonukes@tanpopoya.net

  郵便振替:001801403856 加入者名:たんぽぽ舎

  一口1000円 一口以上のカンパをお願いします。通信欄に(メルマガカンパとご記入ください)

 

☆毎週金曜日の官邸前抗議行動で、たんぽぽ舎のスタッフへ手渡していただくのもうれしいです。

 

 

┏┓

┗■2.「討論しよう!安倍政権2年間と原発再稼働」第3回

 |  脱原発議員を多数選出し安倍政権の暴走をストップ

 |  一人区の地方選-オール野党で対決していく姿勢

 └──── 清水 寛(たんぽぽ舎会員)

 

 今回の国政選挙は、「国民の知る・見る・話す権利を奪い、戦争または最悪の公害で日本を滅ぼしかねない暴走」(以下「日本を滅ぼしかねない暴走」)を許すか許さないかの重要な選挙戦と思います。

○原発を「重要な電源」は公約違反

 安倍政権は政権復帰前の公約では「原子力に依存しなくてもよい経済・社会構造の確立」(2012年衆院選公約)を掲げていたはずなのに、復帰後「原発を重要な電源(ベースロード電源)」と公約と全く違った路線を示しています。

○汚染水はコントロールされていない

 東京五輪招致のかかったIOC総会で、汚染水漏れについて「状況はコントロールされている」と発言し、実際には汚染水はコントロールできず、国際的信用を失いかけています。

○第2の福島原発事故の危険性

 火山の噴火の予知ができなく、規制基準の中に避難計画がなく安全でないのに、安倍政権は「原子力規制委員会が合格証を出したから安全、世界一安全な基準」と川内原発の再稼働を推進しています。また、新規制基準に適合した原発を積極的に再稼働しようとしており、第2の福島原発事故の危険性があります。

○脱原発議員を多数選出し、安倍政権の暴走をストップ

 今回の総選挙は脱原発議員を多数選出し、安倍政権の暴走をストップさせる絶好のチャンスです。

 ただし、一人区の地方選については、自公政権に対してオール野党で対決していく姿勢が重要です。野党が乱立する事態は自公を有利にすることは明らかです。安倍政権の暴走に本当にストップさせようとしているかどうかが問われる選挙でもあります。

○即原発ゼロを!

 民主党は「30年代にゼロ」と脱原発を主張しており、安倍政権の原発推進よりも前向きなのは評価できます。しかし、桜島噴火、御嶽山噴火、長野北部地震、さらに阿蘇山噴火と続く中では、地震学者が述べている「日本列島は地震の活動期」の現れなのかも知れません。30年代までの猶予はないのではないでしょうか。

PR
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
takeshijo
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]

Template by decoboko.jp