忍者ブログ

NUCLEAIRE

ニュークレール情報板
[1590]  [1589]  [1588]  [1587]  [1586]  [1585]  [1584]  [1583]  [1582]  [1581]  [1580
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

たんぽぽ舎です。【TMM:No2338

2014年11月18日()地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします

                           転送歓迎

━━━━━━━

★1.凍土壁は、成功すると思いますか?-

   失敗すると思います、小出裕章

   東京電力福島第一原発について

★2.「原発と地方紙」 (下)

   『原発広告』は『安心神話』を流布する形で静かに復活している

                                  (週刊アサヒ 10.23特大号より)

★3.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)

  ◆11/24広瀬隆さんが語る

   「無謀なリニア 着工認可?!ありえません!」

   場所:大田区池上会館 第一会議室

  ◆11/2417回被ばく学習会

   健康調査は、いったいどうなっちゃうの?

   藍原寛子さん講演         会場:文京区アカデミー茗台 学習室A

  ◆11/29「浜 矩子(のりこ)さん講演会」@中目黒

   原発、消費税、異次元金融緩和、円安、うるおっているのは誰?

   場所:中目黒スクエア2F

★4.新聞より3つ

  ◆賠償増額を申し立て 飯舘の2800人「生活基盤崩壊」

                          1115日東京新聞より抜粋)

  ◆政治家は福島忘れるな (1115日東京新聞「金曜日の声」より)

  ◆福島102歳自殺 東電を提訴へ 遺族「避難指示、苦に」

                         (1115日朝日新聞より見出し)

━━━━━━━

11/20学習会にご参加を!

 「東電は責任をとれ」連続講座第11回の案内

 原発事故と環境汚染―東日本大震災と原発事故による環境汚染

 

 講 師:藤原寿和(ふじわらとしかず)さん

 日 時:1120()19時より21

 会 場:「スペースたんぽぽ」(ダイナミックビル4F)

 共 催:経産省前テントひろば、たんぽぽ舎

 参加費:800

━━━━━━━

 

┏┓

┗■1.凍土壁は、成功すると思いますか?-

 |  失敗すると思います、小出裕章

 |  東京電力福島第一原発について

 └──── 

 

○小出   失敗するとおもいます。私は2011年3月に事故が起きたあと、5月の時点で、原子炉建屋の周囲にコンクリートで遮水壁を張り巡らせるべきだと提案していました。政治家たちにも、何人にも伝え、やると言ってくれたんですが「6月に東京電力の株主総会がある。遮水壁を作ろうとすると1000億円のお金がかかってしまう」、そう言って東京電力がその案をとらなかったのです。

  遮水壁ができないまま、ずるずる時間が過ぎていって、ようやく1年前くらいに、国と東京電力が「遮水壁を作らなければ」と、造ろうとしているのが凍土壁です。

 凍土壁というは、トンネルなどを造る場合に、その周りだけ凍らせて、地下水流入を防ぐという技術なんです。福島第一原発で作ろうとしている、周囲1.4キロ、深さ30メートルの土壌を凍らせるなんて、いままで世界中で成功した例がありません。どこか1カ所でも凍らなかったら、そこから水が入ってきてしまうのですから、何の意味もない。ただし、ゼネコンは喜ぶのです。とにかくやれば、お金が入ってくる。やって失敗すれば、次の案を出せばいい。またお金がもらえるわけですから。

 凍土壁は失敗して、ちゃんとした遮水壁を造らなければならないということになると私は思いますが、もうあまりにも遅すぎるんです。3年半の間に大量の汚染水が海に流れてしまいましたし、遮水壁が完成するまでにも流出は止まりません。でも、やらなければならない。その間も労働者は被曝をし続けてしまいますが。

 

○→ 一方で再稼働を目指す動きは進んでいます。

小出  現在、国内で使っている電気は完全にニュークリアフリー。54基ある原発は1基も動いていないのです。このまま原発稼働を止め続けていきたい。しかし、自民党政権は、福島の事故をなかったことにして、再稼働を進めようとしています。その一番乗りを九州電力の川内原発でやろうとしているのですが、1基でも動かしてしまったら、次々と再稼働がなされてしまうと危惧しています。そのためにジャーナリストやメディアにも力を貸していただきたいのです。

   (出典:「紙の爆弾」12月号のインタビュー記事より)

 

 

┏┓

┗■2.「原発と地方紙」 (下)

 |  『原発広告』は『安心神話』を流布する形で静かに復活している

 └──── (週刊アサヒ 10.23特大号より)

 

○安全神話から安心神話へ転換

 さらに86年には、人類史上初のレベル7事故であるチェルノブイリ原発事故が起こる。

 この年、青森県の東奥日報では、年間なんと777段もの記録的な原発広告が掲載された。なぜか-「歴代最高の出稿記録です。この年、青森県『六ヶ所村再処理工場』建設の前段階である海洋調査が行われました。誘致から工事に進む第一歩の年です。チェルノブイリの恐怖を払拭するために、紙面全部を買うくらいの資本を投下したのでしょう。危ないことが起こると、それを消すためにアクションを起こすということです」(前出・本間氏)

 六ヶ所村の施設は、全国の原発から出た使用済み核燃料からウランとプルトニウムを取り出す工場。つまり、原発に関わる全国全ての企業、電力会社から広告が集まることになる。

 「段数表」によれば99年には合計約1541段もの広告が出稿されていた。

 「この年、2つの大きな事故が起こります。石川県志賀原発臨界事故と、茨城県の東海村JCO臨界事故です。チェルノブイリの記憶が強く、国民が反原発に傾いていった」(社会部記者)

 広告の分量は世論操作のために、莫大な資本が投下された「証し」である。

 広告が「安全神話」や「原発のメリット」流布に使われたことは、同書に掲載された403点もの広告や記事写真からも明らかなのである。

 「この子らの二〇年後」(7811月2日福島民報)

 「大熊町、双葉町では雇用が増え、経済活動も活発になりました」(86316日東奥日報)

 「そろそろバテ気味石油くん」(851026日新潟日報)

 福島第一原発事故以降ではしらじらしく聞こえるが、当時、こうした言葉は地方紙を通じて立地県の読者たちに浸透していった。

 福井新聞では811026日、当時、人気絶頂だった鳥山明氏の漫画「Dr.スランプ」の「アラレちゃん」が「原子力発電豆辞典」として、原発を解説している。101111日には、先日、楽天の監督を勇退した星野仙一氏を前面に出して「まっすぐ、低炭素な社会へ」という広告を掲載している。

調査の結果、印象深かったのは福島県の2紙-「福島民報」「福島民友」における、「広告」と「論調」の調和であったという。

 「同じ県に2紙あるので推進・反対で論調が割れているのではと、考えていました。ところが、調べると2紙とも原発賛成の論調。福井で事故が起こると『あちらは原燃で、福島は東電だから安全』という記事が載ります。電源三法のお金の恩恵が大きいという記事も多い」(前出・本間氏)

 311の福島第一原発事故で「安全神話」は崩壊した。原発は停止し、各電力会社は広告を出稿する余裕がなくなった。原発広告も稼働停止となったのか-。

 「すでに一部の電力会社が『テレビCMを流せないか』と打診しています。今までのように『安全神話』を訴えられないので、現在では『安心神話』を訴えるようになっています」(前出・本間氏)

これまでは、「原発は絶対安全な技術→原発クリーンなエネルギー→それは日本に必要」という広告の論調が、「化石燃料で収益悪化→放射能の影響は風評被害で実害は軽微→経済維持には原発の部分稼働が必須」という論調に変わっているというのだ。

 「『原発広告』は『安心神話』を流布する形で静かに復活しているのです」(前出・本間氏)

 再稼働目前の今だからこそ、同書の凄みが伝わってくるのだ。(了)

※(上)は、1115日発信の【TMM:No2335】に掲載。

PR
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
takeshijo
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]

Template by decoboko.jp