忍者ブログ

NUCLEAIRE

ニュークレール情報板
[1586]  [1585]  [1584]  [1583]  [1582]  [1581]  [1580]  [1579]  [1578]  [1577]  [1576
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

たんぽぽ舎です。【TMM:No2336

2014年11月15日()その2地震と原発事故情報-5つの情報をお知らせします                             

                                                                                    転送歓迎

━━━━━━━

★1.民間規制委の提案について(鹿児島へのたより)

   事故が原発の改良に反映していない

      福島事故は日本の原発の安全にまったく無視されています

              槌田敦(元理化学研究所研究員・元名城大学経済学部教授)

★2.[川内原発再稼働阻止の闘いは終わっていない!]

   12月・1月・2月-川内原発再稼働阻止で闘い続けよう!

★3.環境汚染問題の第一人者、藤原寿和さんの学習会にご参加ください。

      「東日本大震災と原発事故による環境汚染」

    1120日午後7時からスペースたんぽぽで

                冨塚元夫(たんぽぽ舎会員)

★4.1122日(土)鹿児島報告・討論集会のおさそい

      九州川内原発阻止県庁行動と今後の活動方針

   川内原発再稼働阻止の闘いはつづく

   「12月-12月を闘う方針」を皆で討論しよう!

               再稼働阻止全国ネットワーク

★5.新聞より5つ

 ◆経産省、「高コスト」実質認める 原発損失は料金上乗せ

  国民負担を増やす議論は着々と 無責任体質そのまま

                          (1113日東京新聞より抜粋)

 ◆ 函館市 Jパワー説明に反発  大間21年度稼働表明受け

                  1114日毎日新聞より抜粋)

 ◆川内原発再稼働 1400人が異議申し立て   (1112日毎日新聞より)

  ◆原発廃炉 電力会社の財務負担の軽減 経産省会計制度見直し検討

                     1114日毎日新聞より)

 ◆火山学会VS規制委 川内原発再稼働  リスク軽視に議論続く 

                       1114日東京新聞より抜粋)

━━━━━━━

※訂正です。

 1115日付【TMM:No2335】の1で誤りがありました。お詫びして訂正致します。

  見出しと、3つ目の☆の項 正「原子力基本法」 誤「原子力規制法」

━━━━━━━

 

┏┓

┗■1.民間規制委の提案について(鹿児島へのたより)

 │  事故が原発の改良に反映していない

      福島事故は日本の原発の安全にまったく無視されています

 └──── 槌田敦(元理化学研究所研究員・元名城大学経済学部教授)

 

 今回の民間規制委の提案は、巨大原発事故の研究をしておりまして、気になっていたことですが、これらの事故が原発の改良に反映していないことです。

 特に、福島事故は日本の原発の安全にまったく無視されています。

 他の技術では、「事故は新しい技術を生む」または「失敗は成功の母」なのですが、原子力ではそのようになっていないのです。

 つまり、原子力は科学技術ではなく、この点を突くことで、危険な原子力をやめさせることができることを発見ました。

 そこで、原子力を改良できない規制委に代わり、民間規制委が、原子力安全のバイブル、DBA(設計基準事故)を使って、原子力の改良を勧告するという図式に思いいたった次第です。

 その改良の結果、費用が増大して原子力は廃止に向かうのです。これは従前の反対運動にはなかったことですから、紆余曲折はあるでしょうが、反原発の有効打にはなると思っています。

                          

┏┓

┗■2.[川内原発再稼働阻止の闘いは終わっていない!]

 │  12月・1月・2月-川内原発再稼働阻止で闘い続けよう!

 └──── 

 

 ☆鹿児島県伊藤知事へ手紙を出そう。

     県知事広報課の「知事へのたより」に、あなたの声を書いて出そう

 ☆九州電力東京支社へ申入れ、抗議に行こう。

    12月3日(水)「1730分~1830分」 有楽町電気ビル前

 ☆東京電力本店合同抗議に行こう。

  3.11東電福島原発事故・放射能は今も福島県民を苦してめる。 

  東電は責任をとれ! 

    12月3日(水)「19時~20時」 東京電力前 

 

┏┓

┗■3.環境汚染問題の第一人者、藤原寿和さんの学習会にご参加ください。

      「東日本大震災と原発事故による環境汚染」

 │  1120日午後7時からスペースたんぽぽで

 └──── 冨塚元夫(たんぽぽ舎会員)

 

☆ 環境汚染問題の第一人者、藤原寿和さんの学習会にご参加ください。

      1120日午後7時からスペースたんぽぽで。

 

 1112日東京新聞朝刊のこちら特捜部、「水源立地八丈島ごみ処分場水質検査大丈夫?井戸が枯渇 地下水採取不十分か」 

 の記事に藤原寿和さんのコメントが載りました。廃棄物処分場問題全国ネットワークの藤原寿和・共同代表は「処分場は不安をともなう施設で、ただ必要性を訴えるだけでは住民の理解はえられない。(後略)」と指摘した、とあります。

 八丈島で稼働中の一般ごみ焼却灰の最終処分場をめぐり、市民団体が水質検査のずさんさを問題視していることに関して、コメントしたものです。

 藤原さんは1980年代から90年にかけて大問題になったダイオキシン問題で国の犯した過ちを鋭く指摘してきた市民研究者です。それゆえコメントを求められたと思います。

 東電福島第一原発事故以降は、千葉県放射性廃棄物を考える住民連絡会議事務局長を務める一方、関東だけでなく福島を訪れて講演をしています。

※藤原さんの学習会1120日は「東電は責任をとれ」連続講座

「原発事故と環境汚染 3回連続講座その1、東日本大震災と原発事故による環境汚染」です。是非ご参加ください。   参加費800円です。

PR
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
takeshijo
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]

Template by decoboko.jp