忍者ブログ

NUCLEAIRE

ニュークレール情報板
[1588]  [1587]  [1586]  [1585]  [1584]  [1583]  [1582]  [1581]  [1580]  [1579]  [1578
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

たんぽぽ舎です。【TMM:No2337

2014年11月17日()地震と原発事故情報-5つの情報をお知らせします

                           転送歓迎

━━━━━━━

★1.八王子「金八デモ」100回を迎えました 集会は30分、デモ1時間

   いろいろな人に見守られながらのデモ   ドラムの音楽

   地域のデモとあって知り合いに出会ったり

   ―地域のデモで脱原発を拡げよう-  吉田照勝(たんぽぽ舎会員)

★2.カンパ送りました   A子(東京清瀬市)

★3.温暖化調査のカギ握る「棚氷」地震計

   地震計を置く目的はこの巨大な棚氷が海の波にどのくらい揺すぶられるかを知ること

   「警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識」コラムその77     島村英紀(地震学者)

★4.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)

  ◆エントロピー学会11/23秋の研究集会のご案内

   テーマ:原発再稼働、どこが問題か?

       「コストの視点からみた原発再稼働の問題点」 大島堅一(立命館大学教授)ほか

★5.新聞より3つ

  ◆安全二の次 事故頻発 未公表も多数  工程厳守 プレッシャー

       福島第一 作業の実態     (1116日東京新聞2面より抜粋)

  ◆福島のセシウム 米海岸沖で検出      (1116日東京新聞より抜粋)

  ◆大間原発反対 500人デモ Jパワーの建設計画批判     (1116日東京新聞より抜粋)

━━━━━━━

11/20学習会にご参加を!

 「東電は責任をとれ」連続講座第11回の案内

 原発事故と環境汚染―東日本大震災と原発事故による環境汚染

 

 講 師:藤原寿和(ふじわらとしかず)さん

 日 時:1120()19時より21

 会 場:「スペースたんぽぽ」(ダイナミックビル4F)

 共 催:経産省前テントひろば、たんぽぽ舎

 参加費:800

━━━━━━━

 

┏┓

┗■1.八王子「金八デモ」100回を迎えました 集会は30分、デモ1時間

 |  いろいろな人に見守られながらのデモ ドラムの音楽

 |  地域のデモとあって知り合いに出会ったり

 |  ―地域のデモで脱原発を拡げよう-

 └──── 吉田照勝(たんぽぽ舎会員)

 

  毎週金曜日、国会前の原発抗議行動に合わせて、各地の抗議行動は全国200箇所以上で行なわれていますが、八王子でも毎週金曜日に「脱原発 あきらめない」「金八デモ」が行なわれています。

 1114日の金曜日行動で100回を迎えました。夕方6時、京王八王子駅近くの船森公園に一人二人と個人・個人で集まってきます。八王子は、東京の郊外とあって日が沈むと急に冷え込みますが、国会前とは空気の新鮮さが違います。集会は30分程で終了、630分にデモは出発。

 ドラムの音楽と「原発のないくらしを八王子から」「原発反対八王子行動」の横断幕を先頭に、個人個人が「原発NO」「再稼働やめろ」などのプラカード、原発反対、放射能はいらない、放射能から子供を守ろうと声を上げて行進。

 「原発なくても、電気はつくれるんだよー」と親しみのある軽快な歌もあり、JR八王子の駅近辺の中心街を1時間歩きます。繁華街は飲食店が多く、花の金曜日は人の流れが絶えることがなく活気があります。繁華街にはラーメン店も多い町です、店内のガラス越しからそばを啜り・一献やりながら、外のデモ行進に手をふってくれる人、ビルの窓から手をたたいてくれる人、いろいろな人に見守られながらのデモです。

 シュプレヒコールとともに原発反対「一緒に歩きましょう」の声に飛び入り賛同する人もいます。大手マスコミが福島原発災害の真実・報道を少なくしていく昨今、福島原発事故の悲惨を決して風化してはいけないのです。地域のデモとあって知り合いに出会ったりしながら、脱・反原発への関心を拡げたいと願っています。

 

 

┏┓

┗■2.カンパ送りました

 └──── A子(東京清瀬市)

 

たんぽぽ舎の皆様

今日12日に郵便局の送金でカンパを送りました。

諸事情で最近都心のイベントに参加できないので、その分です。

いつも先にたってくださりありがとうございます。

 

 

┏┓

┗■3.温暖化調査のカギ握る「棚氷」地震計

 |  地震計を置く目的はこの巨大な棚氷が海の波にどのくらい揺すぶられるかを知ること

 |  「警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識」コラムその77

 └──── 島村英紀(地震学者)

 

○ この11月に南極最大のロス棚氷(たなごおり)の上に16台の地震計が設置される。

 ロス棚氷の面積はフランスほどある。幅は800キロ。その氷の厚さも200メートル以上ある。

 棚氷とは南極大陸をとりまいて海に浮いている平らな氷のことだ。1911-1912年に南極点初到達を争ったアムンゼンもスコットも、このロス棚氷から上陸した。昭和基地とは反対側の南極にある。

 地震計を置く目的はこの巨大な棚氷が海の波にどのくらい揺すぶられるかを知ることだ。

 棚氷は揺すぶられることによって壊れる。そして棚氷が壊れると、それまで棚氷に押さえられていたために流れ出さなかった南極大陸の氷河が海に流れ出してしまう。

○ 棚氷は海に浮いている氷だから、融けても海の水が増えるわけではない。コップの水に浮いた氷が融けても水が増えないのと同じだ。その意味では北極海の氷も同じだ。たとえ地球温暖化で北極海の氷が融けても海水が上昇するわけではない。

 しかし日本の面積の33倍もある南極大陸の広大な氷河が融けることは地球全体の海水が増えることを意味する。ツバルやキリバスなど標高が数メートルしかない太平洋やインド洋の島国が水没してしまうことになるのだ。

 南極全体はお椀を伏せたような形をしていて、そこに最大では4000メートルもある氷河が載っている。それが流れ出さないように押さえているのが棚氷なのだ。

 つまり南極最大のロス海の棚氷が将来どのように海の波の振動で壊されていくのか、それは南極の気温や季節とどんな関係があるのかを調査することが、地球温暖化による海水面の上昇のカギを握っているのである。

 南極のまわりの海は一年中荒れるので有名だ。マゼランが世界一周の航海で、もっともてこずったところでもある。この荒れた海を越えたことがある船乗りは人と話すときに、机の上に足を投げ出したままでいい、というのが世界の船乗りの決まりだというほどだ。

 私がポーランド船で越えたときにも船は左右にそれぞれ40度以上も揺れ、食事に出てくる船員や科学者もみるみる減っていった。ビューフォート風力階級は最高の10まで行った。そのうえ私が乗った船のスクリューと舵の軸が曲がってしまった。

○ ロス棚氷での研究計画には米国の2つの大学が参加する。荒れた南極海の波からの振動を棚氷の上で捉えようというこの計画では、氷全体が上下するゆっくりした揺れまで記録できる「広帯域地震計」というものが使われる。

 設置されて足かけ3年間の観測を続ける予定だ。これなら季節変化も十分に捉えられる。なお地震計のほかにそれぞれの地点に気圧計も設置される。

 この地震計は、ほかの大多数の地震計とちがって地震を記録するのが目的ではない。だが、地震計は高感度の振動測定器でもあるわけだから、地震以外にもいろいろな用途に使われるのである。 (1114日『夕刊フジ』より)

PR
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
takeshijo
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]

Template by decoboko.jp