忍者ブログ

NUCLEAIRE

ニュークレール情報板
[1515]  [1514]  [1513]  [1512]  [1511]  [1510]  [1509]  [1508]  [1507]  [1506]  [1505
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

たんぽぽ舎です。【TMM:No2302

2014年10月9日()地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします

                           転送歓迎

━━━━━━━

★1.呼びかけ-10.26()全国統一行動

   川内原発再稼働ストップ、全国統一行動(1026日前後1週間)への

   各地からの、地域の自発性をふまえた参加を!

                               再稼働阻止全国ネットワーク(事務局)

★2.戦後最悪被害 御嶽山噴火でわかった

   「火山噴火予知」は幻想だった

   「週刊朝日」1017日号の4頁特集の紹介

            柳田 真(たんぽぽ舎、再稼働阻止全国ネットワーク)

★3.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)

  ◆10/12講演会のお知らせ

     講演:「原発災害と現代の科学技術の倫理問題」

   会場:東京農工大学農学部(府中)キャンパス・本館講堂

  ◆10/26『東電テレビ会議49時間の記録』上映会

   場所:アミュゼ柏 会議室A

   主催:郷土教育全国協議会東葛支部

★4.新聞より5つ

  ◆再生エネ 新規買い取り中断 自治体・業者 広がる反発

   「復興水差す」「投資回収困難」 国の努力不足指摘も

               (10月9日朝日新聞見出しより)

  ◆SPEEDI活用せず 規制委方針

   原発避難、実測に転換  (10月9日朝日新聞見出しより)

  ◆30キロ圏内自治体 菅元首相行脚へ

               (9月25日南日本新聞より)

  ◆原発ゼロで 夏乗り切る 震災後初

               (10月9日東京新聞より)

  ◆経産相 原発事業の税優遇検討 事故など運転コスト穴埋め

               (10月8日東京新聞より抜粋)

━━━━━━━

※【プレスリリース】首都圏反原発連合

 第121*1010川内(せんだい)原発再稼働やめろ!永遠に原発ゼロに!*

【重要なお知らせ!】

10/10()「官邸前抗議エリア」は他団体が19:30から「特定秘密保護法反対」の抗議を行うため、18:00から19:00ヘ変更します。

「国会前スピーチエリア」は通常通り、18:00から20:00です。

○たんぽぽ舎はいつものように13:00集合、ビラ折りやプラカードづくりの作業、たんぽぽ舎16:20出発、17:00頃、関西電力東京支店(富国生命ビル9F)前で短時間の抗議コール。17:15「経産省前テントひろば」集合。

 1~5班にわかれて17:30官邸前、国会前へ出発。週刊金曜ビラ(10/10121)を配布します。20:20経産省前テント横でまとめの集会と東電抗議の際の楽器練習(短時間)。参加歓迎!

━━━━━━━

 

┏┓

┗■1.呼びかけ-10.26()全国統一行動

 |  川内原発再稼働ストップ、全国統一行動(1026日前後一週間)への

 |  各地からの、地域の自発性をふまえた参加を!

 └──── 再稼働阻止全国ネットワーク(事務局)

                              TEL 070-6650-5549

 

○ 9月28日鹿児島県川内市での「ストップ川内原発再稼働全国集会」は、7,500人もの人々が結集し、「原発推進」を叫ぶ右翼の妨害をはねのけ、元気に市中デモンストレーションを貫徹しました。

 その前日(27)に私たち「再稼働阻止全国ネットワーク」は、各地から駆けつけた100人を超える人々と全国相談会を持ち、「川内原発」から始まる再稼働ラッシュを止めるためにはなんとしても、まず「川内原発再稼働」をストップさせなければならない、そのために全国の力を、どのように連絡しあい、市議、県議の了解を取り付けるための「住民説明会」も準備されだしている川内現地の運動に、どのように連帯して行くか。その点へ向けて、集中的に議論しました。

○ この日には、今、マスコミが「戦後最悪の火山噴火事故」と叫び続けている御嶽山(長野県・岐阜県)の噴火がありました。それは<噴火は予知できるから再稼働は安全>という、原子力規制委員会や安倍政権の公然たる嘘をあざ笑うかのごときものでした。まったく予知できない状態での多数の人の命を奪う悲劇的な噴火です。川内現地では、現在も小さく噴火し続けている桜島の大噴火を想像し、ゾッとする気分にならなかった人は、まずいなかったと思います。

 この噴火は、日本列島住民に対する<最後の警告>かも知れません。

 私たちは、何としても再び日本列島が原発(再稼働)列島になってしまうことを阻止しなければなりません。まず川内原発再稼働阻止に向けて全国の力を集中しましょう。

○ そのアクションのための「全国相談会」で決められたプランは以下のとおりです。

 まず現地「市議会」の日程をにらんで(決定するな!の声を全国から集中させる)、1026日の反原子力の日を川内原発再稼働反対の声をあげる全国統一行動の日とする。

 ただし、この行動は1023()から26日をはさんで1030()までを統一行動週間とするかたちで実現する。それは、26日以外でも原発立地を含む各地が、各地の事情、条件を踏まえて、共に取り組める方向を目指すためである(規模や行動の様式は各地の自由なやり方で)。

 この約1週間の取り組みを各地が相互に連絡しあうかたちでつくりだす(運動情報の集約と相互連絡は東京が担う)。

 この決定をふまえ、私たちは、全国各地ですぐ自分の足元での行動づくりを始めてくださるよう、そしてその行動のプロセスの情報を私たちに集中してくださるよう、呼びかけます。

 なんとしても、川内原発再稼働は許すわけにはいきません。

 全国統一行動への積極的参加を!        201410月6日

 

 

┏┓

┗■2.戦後最悪被害 御嶽山噴火でわかった 「火山噴火予知」は幻想だった

 |  「週刊朝日」1017日号の4頁特集の紹介

 └──── 柳田 真(たんぽぽ舎、再稼働阻止全国ネットワーク)

 

○御嶽山噴火-死者多数という中で、4頁の小特集が組まれている。

 目次は次の4つ

 1.火山学者が漏らす「予知」への危惧、「予知可能」前提の川内原発は?

 2.民主党攻撃仕掛け、結局謝罪 自民片山さつき議員の不徳=(デマ記事)

   3.いつか必ず起こる富士山噴火 首都圏はマヒ、被害は「算出不能」

 4.火山列島を貫き走るリニア中央新幹線は大丈夫か?-難題多し

 以上のうち、2.3.4.は省略して、中心の1.より重要部分を抜粋して紹介。

○(前略)

○では、マグマ噴火なら予知ができるのか。

「マグマが動けば山も動くことが多いので、傾斜計などで観測すれば噴火の前兆がわかる可能性は高い。ただ、多くの火山では、マグマがどの位置にあるかすらわかっていないのが現状です。天気予報と違って地中の動きは目に見えないので、予測は困難。噴火予知という確立した技術はまだない」(鵜川教授、日本大学地球物理学)

 つまり、マグマ噴火ですら、予知は確実ではない。2011年1月の霧島連山新燃岳(宮崎・鹿児島県境)の噴火では、噴火警戒レベルが2から3に引き上げられたのは本格的なマグマ噴火が始まった後だった。

○噴火は予知できる、という考えはもはや幻想だ。だが、その幻想に寄りかかって防災計画が策定され、行政の方針が決められている。その最たるものが、政府が進めている九州電力川内(せんだい)原発(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働だろう。

 川内原発の周辺には、数万年に1度、カルデラ噴火と呼ばれる超巨大噴火を起こす地帯が複数存在する。約3万年前の姶良(あいら)カルデラの噴火では、南九州全域が火砕流にのみ込まれた。この規模の噴火が起きれば、川内原発も壊滅的な被害を免れない。(中略)

○マグマの増加を観測できない場合もあるとなれば、カルデラ噴火の可能性が「十分低い」という前提自体が怪しくなる。9月の第2回会合で藤井氏(火山噴火予知連絡会会長、東京大学名誉教授)がそう指摘すると、進行役の島崎邦彦・原子力規制委員会委員長代理(当時)はこう答えた。

「そこまでさかのぼって全部ひっくり返してしまうと、この検討チーム自体が成り立たなくなると私は思っていますので、現状から出発していただきたいというのが私の考えですね」

 指摘に正面から反論するでもなく、もう決まったことだから覆すなという。これでは「安全神話」に寄り掛かった3.11前と変わらない。

 モニタリングの主体が電力会社とされていることにも、複数の火山学者から疑問の声があがっている。(中略)

○地下のマグマが一気に大量噴出するカルデラ噴火について、前出の藤井氏はこうも語る。

「そもそもカルデラ噴火の研究はまだほとんど進んでいない。私が座長を務めた内閣府の検討会で昨年5月、国が体制を整備して調査研究を始めるべきだという提言を出したところです。いつか起きるのだから、今のうちに対策を考えておくべきです」

○9月29日、都内の脱原発イベントに出席した小泉純一郎元首相はこう主張した。

「御嶽山の噴火は専門家でも想定外と言っている。想定外とはいつでも起こりうることだ。()日本は原発をやっちゃいけない国だ」

 東日本大震災からわずか3年半。人知の及ばぬ大地の脅威について、いま一度、謙虚になる必要があるのではないだろうか。

PR
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
takeshijo
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]

Template by decoboko.jp