忍者ブログ

NUCLEAIRE

ニュークレール情報板
[1517]  [1516]  [1515]  [1514]  [1513]  [1512]  [1511]  [1510]  [1509]  [1508]  [1507
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

たんぽぽ舎です。【TMM:No2303

2014年10月10日(金)地震と原発事故情報-5つの情報をお知らせします

                              転送歓迎

━━━━━━━

★1.全国のみなさま、今朝の東京新聞です・・・広瀬隆

 川内原発の「住民説明会」、圧倒的に再稼働反対の意見続出

 しかし、質問は短時間で打ち切りの暴挙!!!      (広瀬隆)

★2.安倍晋三の私怨が朝日新聞を追い詰めた?

 「吉田調書」記事取り消し騒動の深層

 現首相の「でっち上げ」発言こそがデマであると気づいたのは?

 それは、朝日新聞の木村英昭記者だった         (中田潤)

★3.銀杏の匂い染み付く霞ヶ関で、しばし若者と交流

 普段は見かける事のない高校生10人ほどのインタビュアー

 10月3日[第120回]首相官邸前抗議レポート  (にしざき やよい)

★4.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)

 槌田敦先生、鹿児島に来たる!

 10月25日(土)学習会(於・鹿児島市中央公民館)

★5.新聞より

 ◆川内原発 初の住民説明会  質問の大半が再稼働疑問視

 「審査、説得力ない」「核のごみ たまるばかり」(1010日東京新聞より)

 ◆冬の電力 9社余力   (10月2日 毎日新聞より)

━━━━━━━

11日(土)18002000 於・スペースたんぽぽ

 学習会「市民による国際連帯運動の拡がりを 番外編 シリーズ前半の

 総括と今後の反原発運動の展開」 講師:崔勝久さん  参加費800円

━━━━━━━

 

 

┏┓

┗■1.全国のみなさま、今朝の東京新聞です・・・広瀬隆

 │ 川内原発の「住民説明会」、圧倒的に再稼働反対の意見続出

 │ しかし、質問は短時間で打ち切りの暴挙!!!

 └────(広瀬隆)

 

全国のみなさま  広瀬隆です

 昨日、薩摩川内市で川内原発再稼働に関する官製説明会が開かれました。

 これまで聞いていた話では、参加住民の多くは、九州電力側の動員だという

ので、再稼働容認のセレモニーに終るだろうと予想していたのですが、今朝の

東京新聞によると、その正反対の結果となりました(添付ファイル)。圧倒的

に再稼働反対の意見が続出したのです。しかし予定通り、質問は短時間で打ち

切り、という暴挙です。

 住民の賛同は、まったく得られていない!

 

 朝日新聞には、どこにもその報道がナシ。

 毎日新聞は、下記のようです。

 

┌鹿児島・川内原発:地元説明 再稼働、同意手続き開始

│毎日新聞 20141010日 東京朝刊

│全国の原発の中で初めて国の新規制基準に適合した九州電力川内(せんだい

│)原発が立地する鹿児島県薩摩川内市で9日、地元住民説明会が初めて開か

│れ、原子力規制庁の担当者が適合理由などを説明した。説明会は15日まで

│周辺5市町で順次開催され、伊藤祐一郎知事は年内に再稼働の可否を判断す

│る見込み。再稼働に必要な地元同意手続きが本格的に始まったが、初日から

│再稼働反対の声が相次ぎ、住民の理解を得る難しさを表した。

│ 県と市の共催で、定員を上回る約1350人の応募があり、抽選で約1100人が

│参加。会場の川内文化ホールの他、市内48地区のコミュニティーセンターで

│もテレビ中継された。

│ 原子力規制庁の市村知也・安全規制管理官は、九電による川内原発の地震

│や津波、火山、重大事故への安全対策が、福島第1原発事故後の新規制基準

│を満たしているとした審査結果を説明。「事故は発生しうると考え、あらか

│じめ対策を考えようと発想を転換した」と述べた。相次いだ安全性への質問

│には「絶対安全というものはないが、できるだけリスクを下げる努力はし

│た」と答えるにとどめた。

│ 説明会開催は、伊藤知事が規制庁側に求めていた。ただ、新規制基準に適

│合した理由を説明する場にすぎない。県が会場で配布したアンケートも再稼

│働賛否を問う設問はなく、参加者から不満の声も上がった。

│ 今後、説明会は原発の防災対策の重点区域になっている30キロ圏の日置市、

│いちき串木野市、阿久根市、さつま町でも開かれる。だが、伊藤知事は再稼

│働に同意が必要な「地元」を県と薩摩川内市に限定しており、同市以外の説

│明会がどう反映されるのか明確にされていない。【宝満志郎、津島史人】

 

 

┏┓

┗■2.安倍晋三の私怨が朝日新聞を追い詰めた?

 │「吉田調書」記事取り消し騒動の深層

 │ 現首相の「でっち上げ」発言こそがデマであると気づいたのは?

 │  それは、朝日新聞の木村英昭記者だった

 └────(フリーライター 中田潤)

 

朝日新聞「吉田調書」スクープはなぜ「記事取り消し」に追い込まれたのか?

ことの発端はブログの書き込みだった。

 

<『菅総理の海水注入指示はでっち上げ』最終変更日時 2011年5月20

 福島第一原発問題で菅首相の唯一の英断と言われている「3月12日の海水注

 入の指示」が、実は全くのでっち上げである事が明らかになりました。> 

(安倍晋三 公式サイト)

 事実はまったく逆。現首相の「でっち上げ」発言こそがまったくのデマで

 あることに気づいたのは誰か?

 

<実際は、東電はマニュアル通り淡水が切れた後、海水を注入しようと考えて

 おり、実行した。しかし、やっと始まった海水注入をとめたのは、何と菅総

 理その人だったのです。

  この事実を糊塗する為最初の注入を『試験注入』として、止めてしまった

 事をごまかし、そしてなんと海水注入を菅総理の英断とのウソを側近は新

 聞・テレビにばらまいたのです。>

  取材で現首相の「真っ赤なウソ」を暴き、安倍本人にも取材をかけたのが

 朝日新聞の木村英昭記者だった。

 

<この一連の経緯を尋ねようと安倍に取材を申し込んだが、返事は無い。>

(木村英昭『官邸の100時間』岩波書店)

 「安倍晋三はウソつきで事実を突きつけられると逃げ回る卑怯者だ」。はっ

 きりそう書かれた本が書店の本棚に置かれたまま、安倍晋三は再び、この国

 の首相となった。一番でっかい椅子に座った。

  連載「プロメテウスの罠」書籍『東電テレビ会議49時間の記録』などで東

 京電力と吉田昌郎所長の犯罪を追及してきた木村記者が、ついに「吉田調

 書」をすっぱ抜いた。

 「吉田昌郎所長は日本を救った英雄」とすることで東電を免罪しようとする

 プロパガンダが延々と繰り返されてきたが……。

 安倍晋三の私怨。

 これが「吉田調書」騒動のひとつの解答である。

 

 

┏┓

┗■3.銀杏の匂い染み付く霞ヶ関で、しばし若者と交流

 │ 普段は見かける事のない高校生10人ほどのインタビュアー集団

 │ 10月3日[第120回]首相官邸前抗議レポート

 └────(にしざき やよい たんぽぽ舎会員)

 

 秋ですなぁ、イチョウ並木から銀杏が沢山落ちてます。銀杏、美味しいんで

すよね。でも、あまり拾っている人はいないなぁ、無残に踏み潰されて歩道の

汚れになっている。拾って帰りたいけど、電車では持って帰れないね、

残念(T_T)

 さてそんな官邸前抗議に普段は見かける事のない高校生の集団、10人くらい

がそこここでインタビューしている、なかには、プチテレビクルーのように、

照明なども使いながら、ちょっと本格的。

 私もインタビューされてしまった。いつから来てるか、デモで原発を止めら

れると思うか、自然エネルギーでやっていけると思うか、などだった。日頃考

えているつもりでも、改めて聞かれると、上手くは話せない。

 で、私も中の一人に逆インタビュー、彼は、私の質問に、「ここ、官邸前へ

来て、抗議の人数が前回来た一年前より減っている事、報道などで、原発問題

を扱われなくなって来ていることから、原発問題が風化しているのではないか

と危機感を持っている。若者がもっと行動を起こすとともに、政党や政治家が、

何を言い、どんな政策をやりたいのかよく勉強し、選挙権を持った時に生かし

て行くべき」と語り、私の、今デモなどに若者を集めるアイデアは、あります

か?の質問に、「若いタレントさんなどの影響力のある人が発言したら違うの

では?」の意見に、私も芸能人が自由にものを言える日本であって欲しいと切

実に思いました。

 最後に、今、安倍首相に言いたい事は?の質問には、「いっばいありすぎま

す」と、では、一番言いたい事は?の私のたたみかけに、「俺らを守ってくれ

よ」の一言。安倍さん、彼等の命、未来、どうお考えですか?

PR
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
takeshijo
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]

Template by decoboko.jp