忍者ブログ

NUCLEAIRE

ニュークレール情報板
[1491]  [1490]  [1489]  [1488]  [1487]  [1485]  [1486]  [1484]  [1483]  [1482]  [1481
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

たんぽぽ舎です。【TMM:No2290

2014年9月25日()地震と原発事故情報-5つの情報をお知らせします

                           転送歓迎

━━━━━━━

★1.9/30JCO臨界事故を忘れない!朝の集会と夜の学習会にぜひご参加を

   15年目の追悼と抗議 10時から11時 経産省別館前で

   JCO臨界事故15周年学習会・19時から「スペースたんぽぽ」

   「JCO事故から見える福島原発事故―被ばく者に賠償なし」

★2.9/17第1回大間原発を考える学習会の報告

   第2回は1126()海渡雄一弁護士の「原発裁判と地方自治体」

                                        寺崎明子(大間原発反対関東の会)

★3.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)

   ◆9/28 日ラボ・アスナロ連続講座

    「今の原発がどんな危険な状態で建設されているのか…」

      会場:オープンスペース・アスナロ

  ◆10/4H〇WS講座

   「映像を観ながらビキニ被ばく事件からフクシマを考える」

   講師:木下昌明(映画評論家)、高橋省二(被爆二世)

★4.新聞より4つ

  ◆原発事故の慰謝料、福島は「延長を」「格差生じる」

                    (9月25日朝日新聞見出しより)

  ◆再生エネ 新規購入中断 九電太陽光急増で 送電網対応できず 東電管内も一部制限

                    (9月25日朝日新聞見出しより)

  ◆九電再生エネ購入中断 安定供給支障と説明

   企業は多額投資 自治体も推進 「川内原発より送電網を」

                    (9月25日東京新聞夕刊より抜粋)

  ◆国・東電 現場理解せず 元柏崎刈羽原発所長「吉田調書」を語る

   「制御できる」過信を反省 ムラ人脈 国民置き去り

                    (9月25日東京新聞より抜粋)

★5.テント日誌9月21日(日) つづき

   経産省前テントひろば1107日商業用原発368日

   テント裁判チラシをまくぞ 1014日 第8回口頭弁論の日    (.)

━━━━━━━

※川内(せんだい)原発再稼働やめろ! 永遠に原発ゼロに!

 9/26()119回首相官邸前抗議にご参加を!

 日時:9月26()18:0020:00

 主催:首都圏反原発連合(たんぽぽ舎も参加・構成団体)

    当日の詳細は http://coalitionagainstnukes.jp/ を参照

━━━━━━━

 

┏┓

┗■1.9/30JCO臨界事故を忘れない!朝の集会と夜の学習会にぜひご参加を

 |  15年目の追悼と抗議 10時から11時 経産省別館前で

 |  JCO臨界事故15周年学習会・19時から「スペースたんぽぽ」

 |  「JCO事故から見える福島原発事故―被ばく者に賠償なし」

 └──── 

 

 1999年9月30日午前1035分ごろ、茨城県東海村にある「核燃料加工施設=JCO・東海事業所」で臨界事故が発生しました。高速炉「常陽」に使用する濃度の高い《原発の4~5倍の濃度》ウラン燃料を混ぜているときでした。

 この事故で作業に当たっていた3名のうち、大石久さん、篠原理人さんの2名が大量の中性子線等を浴びて亡くなりました(1名は重傷)。また、東海村の住民の方をはじめとする多くの人が被曝しました。

 この事故をきちんと検証せず、原子力推進政策を強引に続け、福島第一原発の事故を引き起こし、その収束も汚染水対策もできていないまま、休止している原発を再稼働しようとする政府の方針は許せません。

 2000年の1周忌から14年間、9月30日に追悼と抗議をしてきました。今年は15年目に当たります。

 

○追悼・抗議集会

日 時:2014年9月30()10001100

場 所:経済産業省別館前(飯野ビル側:経産省前テントの反対側)

内 容:黙祷(事故発生の1035~) ※喪章をお持ちください。

    献花―菊の花を予定しています。(実費200円の負担をお願いします)

  集会アピ-ル、JCO事故の追及、原子力政策への糾弾等。

 

○学習会

日 時:2014年9月30()19:00開会(開場18:30

場 所:「スペースたんぽぽ」ダイナミックビル4F

内 容:1.JCO事故とは何だったか「《1999年発生~今年で15年》の

      歴史とその教訓」

        講師:佐々木敏彦さん(原発・核燃とめよう会)

    2.「JCO事故から見える福島原発事故―被ばく者に賠償なし」

        講師:山崎 久隆さん(たんぽぽ舎)

 

 東海村JCO臨界事故から15年、未だにこの事故の原因や放射能被害の検証もきちんとしていない。事故を「作業員の責任」として終わらせようとした政府や原子力行政のこの事故に対する無責任さが、福島原発事故後も続いている。

絶対に「風化させない」。

参加費:800

連絡先・問合せ:たんぽぽ舎 03-3238-9035 nonukes@tanpoposya.net

 

※9月28()には、

 東海村・石神コミュニティセンターで現地の集会も開催されます。

 

 

┏┓

┗■2.9/17第1回大間原発を考える学習会の報告

 |  第2回は1126()海渡雄一弁護士の「原発裁判と地方自治体」

 └──── 寺崎明子(大間原発反対関東の会)

 

○ 9月17()午後7時から第1回学習会「避難計画の問題点-川内原発の実態調査から大間原発を考える」が行われた。大間原発反対関東の会とたんぽぽ舎講座会議の共催。参加者42名。大間原発については情報が少ないこともあり、たんぽぽの講座は初めてという方々も多数参加されていたようだ。勤め帰りらしい男性も多かった。

○ 講師はFoE Japan の満田夏花さん。今夏、何度も鹿児島に足を運び、避難計画について周辺自治体で綿密な実態調査をした成果を「まやかしだらけの川内原発の避難計画 ~これでは命は守れない~」と題するパワポにまとめて紹介してくれた。

 「避難計画の策定をまる投げされた介護施設の責任者の方々と話していくと、次々と問題点が明らかになり、このような調査を通して地元の方々の再稼働反対の意識をもっと広めていくことも大切だと思った」という満田さん。

 再稼働させないために、あらゆる方法で声をあげていかなければならない今、こういう形で地元の方と対話を進めて行くのも一つの方法としてとてもよいと思った。後半の質疑応答では、大間に行った方の現地報告や新潟ほか各地の情報の交換なども活発に出来て、参加者みんなで会を盛りあげることが出来て、主催者のたりないところを補っていただき、ありがたかった。

○ 第2回は1126()19時より「スペースたんぽぽ」にて、

 海渡雄一弁護士に「原発裁判と地方自治体」についてお話をいただく予定。

 

 

 


 

PR
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
takeshijo
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]

Template by decoboko.jp