忍者ブログ

NUCLEAIRE

ニュークレール情報板
[1488]  [1487]  [1485]  [1486]  [1484]  [1483]  [1482]  [1481]  [1480]  [1479]  [1478
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

たんぽぽ舎です。【TMM:No2289

2014年9月24日()地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします

                           転送歓迎

━━━━━━━

★1.9・23亀戸中央公園の集会とデモに参加して

   久しぶりの高揚感、九州や四国の友人も上京

   蚊(デング熱)の心配を吹き飛ばし、川内原発再稼働反対のコール

                        柳田 真(たんぽぽ舎、再稼働阻止全国ネットワーク)

★2.九電、規制委が「必要なし」としたコアキャッチャーの

   耐熱温度は2700度C以上! 川内原発の底は1230度Cで溶ける!

   フランス、ロシアでは原発にコアキャッチャーを設置する義務がある

                               フリーライター 中田潤

★3.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)

  ◆「原発廃炉の問題を考える」

   『利根町の人と環境を考える会』9/28定例会のお知らせ

          場所:利根町布川地区コミュニティーセンター2階

★4.新聞より3つ

  ◆脱原発集会に第五福竜丸元乗組員 反核願い 結ぶ   ビキニ水爆-福島事故  (9月24日東京新聞朝刊より抜粋)

  ◆今夏原発ゼロでも余力 使用率95%超 全国で2日だけ 「再稼働必要なし」

                          (9月21日東京新聞「核心」より抜粋)

  ◆大洗の高温ガス炉再開へ 「原発依存低減」に逆行 規制委に11月申請

                          (9月18日東京新聞夕刊より抜粋)

━━━━━━━

9/25米原子力空母反対横須賀集会とデモにご参加を!

 東京湾に浮かぶ2つの原子炉は超危険だ

 日時:9月25()18時 会場:ヴェルニー公園

 主催:三浦半島地区労働組合センター/神奈川平和運動センター

 たんぽぽ舎の黄色ノボリ旗を目印にして下さい。

━━━━━━━

 

┏┓

┗■1.9・23亀戸中央公園の集会とデモに参加して

 |  久しぶりの高揚感、九州や四国の友人も上京

 |  蚊(デング熱)の心配を吹き飛ばし川内原発再稼働反対のコール

 └──── 柳田 真(たんぽぽ舎、再稼働阻止全国ネットワーク)

 

1.朝、8時10分千葉を出発、10時にたんぽぽ舎に着く。10人ほどでビラ(数千枚)、ノボリ旗6本(原発止めよう たんぽぽ舎、川内原発再稼働反対、再稼働阻止全国ネットワーク)、横断幕3枚、中型マイク、川内原発再稼働止めようのハガキ(50)NO NUKES VOICE(20)、原子力空母パンフ(10)などを持ち、出発。ビラが重いのでキャスターバッグ2台と手提げ袋をいくつか持って。途中、JR車内で会話がはずむ。Tさんの話(不安定雇用と低賃金)に今さらながら驚く。

 

2.会場には-亀戸下車で歩く。その途中、「福島の女たち」のHさんらと会う。会場入口では、たくさんのビラ配り、私たちも黄色のノボリ旗を立ててビラ配り、目印のために第一ステージのまん中付近にもノボリ旗を立てる。もらったビラは20数枚(原子力空母のビラが役立った)。時間とともに会場が人の波で埋まっていく。太陽が照り付けるので木のまわりから人が一杯になる。なつかしい旗や珍しい旗(国労○○支部、部落解放同盟など)を見る。九州の友、四国の友、富山県の友と会う。うれしい。

 トップバッターの鎌田慧さんは、「再稼働の理由が全くないこと、朝日新聞叩きの問題点」などを述べられた。以下、内橋克人さん、澤地久枝さん、大江健三郎さん、大石又七さん、向原祥隆さん、橋本あきさん、広瀬 隆さん、落合恵子さんの話がつづく。

 

3.集会の最後に、今日は1万6000人の参加と発表される。歓声が起こる。6月の3団体共催集会が明治公園で6500人だったので、又、代々木公園の蚊(デング熱)が心配されたあとだけに、9・23の大結集は、「再稼働を阻止しよう、川内原発再稼働止めよう」の大衆的な気持ちが健在であることを示した。参加したみんなが久しぶりの高揚感を感じたと思う。

 

4.デモ行進-「経産省前テントひろば」や4大学共闘と共に約100人の隊列。先頭に川内原発再稼働反対の3メートル横断幕をかかげる。錦糸町駅前をすぎて、少し先の公園で解散。たんぽぽ舎の本隊の隊列は、今、亀戸中央公園を出たところ(携帯電話のやり取り)、あと1時間はかかるというので、私たち先発隊はここで解散。体調があまり良くないので私も帰途についた。

 

5.感想4つ-運動的に見て

イ.当初の「3団体共催・代々木公園」が、蚊(デング熱)騒動で、亀戸中央公園へ会場変更となり、かつ、反原連が共催者から「降りた」ので「さようなら原発1000万人署名」の単独主催となった。結集人数が心配されたが、久しぶりの大きな参加者数だった。9月28()の鹿児島大集会に連帯して、「ぜひ開催しよう」という鎌田慧さんらの意気込みが大衆の気持ち(再稼働を阻止しよう)と合致して成功したといえるのではないか。

ロ.スローガン・コールについて-私の要望

 少し前の集会と比して、「再稼働反対-川内原発再稼働を止めよう」のスローガン・コールが圧倒的に増えた。電力会社と安倍内閣が最重点とする「再稼働」に対し、反撃の焦点が合わされたのは大きな前進だ。

 広瀬隆さんが演壇から「再稼働を止めることが大事」と述べて、抽象的スローガンでなく「止める」「川内を止める」ことを強調されたのも時宣を得た発言だ。

 ただ、デモの時のコールを聞いていると、「さようなら原発」とか「子どもを守ろう」が多く、「川内を止めよう」「再稼働を止めよう」が少なかった。

 闘いは幅広くと共に、推進側の攻撃(川内原発再稼働)にキチンと的を合わせて、反撃することも重要だと思う。

ハ.東京湾に浮かぶ2つの原子炉=米原子力空母(10万トン)反対の訴えがなかった。9月25()横須賀のヴェルニー公園での大集会の呼びかけがなかったのは残念。日本の原発がゼロでも、東京湾に2つの原子炉が浮かんでいれば、それを大地震が襲えば、南風なら東京は全滅するから。

ニ.参加者が多すぎて、たんぽぽ舎の隊列が2つに分かれてしまった。それ以外にもバラバラになった仲間がかなり。「経産省前テントひろば」や4大学共闘との合同デモ団も大急ぎでやっとできあがり。今後は、大きな集会の時は、事前にキチンと打ち合わせが肝要と反省。

 

 

┏┓

┗■2.九電、規制委が「必要なし」としたコアキャッチャーの耐熱温度は2700度C以上!

 |  川内原発の底は1230度Cで溶ける!

 |  フランス、ロシアでは原発にコアキャッチャーを設置する義務がある

 └──── フリーライター 中田潤

 

○「原子力ムラ」の人間から「コアキャッチャー」という言葉を初めて聞いた。9月10日の原子力規制委員会。市村原子力規制部安全規制管理官が、「欧州等で言われておりますコアキャッチャーというものを求めなくてよいのか、という意見をいただいてございます」。

 結論はあっさり。「コアキャッチャーは必要なし」というとんでもないものだったが、パブコメの「意見」は管理官の説明よりもずっと突っ込んだ内容だった。

○コアキャッチャー下部の素材は、<マグネシア煉瓦・融点2850度C><ジルコニア煉瓦・融点2715度C>

 耐火煉瓦製のコアキャッチャーに対し、川内原発の格納容器下部は1230度Cで溶ける。

 「欧州等で言われている」のではない。フランス、ロシアでは、原発にコアキャッチャーを設置する義務がある。

 再稼働などできるわけがない!

 鋭い質問に対し、九州電力、原子力規制委員会は「燃料が溶け落ちたら水を入れればいい」と言うのだが……。これ、福島で現在進行中の事態をまったく無視した見解なのだ。

 東電福島第一原発2号機の格納容器の底には、深さ30センチの水しかない!

○規制委は、自分の国で起きた史上最大の原子力災害について「見ていない」「そんなものはなかった」とでも言うのだろうか。

 私は2年以上前から「日本の原発にはコアキャッチャーがない」と指摘してきたが、御用学者は「どこで調べてきたの?」「マニアックな質問だなあ」などとのらりくらりとはぐらかすばかり。質問されたくないのだ。

○世界の原発メーカーのなかで、コアキャッチャーの特許を持っていないのは日立製作所だけ。この事実が隠されてきたのである。

 地震、津波、火山噴火、テロの問題だけではない。川内原発再稼働は、妄言を根拠に行われる暴挙以外のなにものでもない。

PR
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
takeshijo
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]

Template by decoboko.jp