忍者ブログ

NUCLEAIRE

ニュークレール情報板
[1476]  [1475]  [1474]  [1473]  [1472]  [1471]  [1470]  [1469]  [1468]  [1467]  [1466
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

たんぽぽ舎です。【TMM:No2283

2014年9月18日()地震と原発事故情報-5つの情報をお知らせします

                           転送歓迎

━━━━━━━

★1.★9.23亀戸大集会に集まろう、追加情報!

   一押し!エセタイマーズもやってくる!

              日高祐三「関西大弾圧救援会・東京の会」

★2.噴火の時にヘリコプターは飛べない

   「国の支援体制」とはまさに絵に描いた餅

                上岡直見(環境経済研究所)

★3.金曜日の人々((毎週、国会前にて私の前を通り過ぎる様々な人たち)

   9月12日第117回首相官邸前抗議に参加して

                 羽田の鳥居(たんぽぽ舎会員、ペンネーム)

★4.日本海溝に迫る大地震予備軍「海山(かいざん)

   太平洋の真ん中に1100メートルの海山を発見

   「警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識」その68

                   島村英紀(地震学者)

★5.新聞より2つ

  ◆原発、風力より高コスト 米機関試算

   太陽光と同レベル      (9月17日茨城新聞より抜粋)

  ◆福島知事選 相乗り「争点隠し」

   自民党本部 復興・原発 影響避け  (9月11日毎日新聞より抜粋)

━━━━━━━

9/20学習会 参加歓迎!

 「東京湾に浮かぶ2つの原子炉」米国原子力空母横須賀母港化の問題点

 

講 師:新倉裕史さん(非核市民宣言運動ヨコスカ)

日 時:9月20()14時より17

会 場:「スペースたんぽぽ」ダイナミックビル4F

参加費:800

━━━━━━━

☆印刷用紙(カラー含む)の寄贈に感謝致します

 9月18()夕方、中年の男性がたんぽぽ舎にみえて、印刷用紙を20束近く

「よければ使って下さい」とご寄贈いただきました。

 たんぽぽ舎は、毎週金曜抗議行動でのビラまきや4階「スペースたんぽぽ」

の原発学習会・講座で大量の印刷用紙を使うので大変ありがたいことです。

 おいでいただいた時、他の仕事と重なっていて、ご氏名をお聞きするのを

失念してしまいました。大変失礼致しました。

 このメールマガジンで再度、感謝申し上げます。(柳田 真)

━━━━━━━

 

┏┓

┗■1.★9.23亀戸大集会に集まろう、追加情報!

 |  一押し!エセタイマーズもやってくる!

 └──── 日高祐三「関西大弾圧救援会・東京の会」

 

 エセタイマーズもやってくる!

 >○全国のみなさま、広瀬隆です。>いよいよ9月23日秋分の日が近づいてきました。>午後1時に、東京・亀戸中央公園に集まりましょう。>○主催者の鎌田慧さんが檄を飛ばしています。>「わたしたちは、頑張り抜くぞ! 中略>この日は、13時から亀戸中央公園第一ステージで大集会だ。>規制委をトコトン批判しよう」

 広瀬さん、鎌田さん、ちょ、ちょっと待ったあぁぁぁ!13時に来るのでは、以下の超豪華ラインナップを、すべて見逃す・聞き逃すことに!

9月23(火・秋分の日)

11時ブース開店 第2ステージ ライブ&トーク 開始

司会:菱山南帆子(許すな!憲法改悪・市民連絡会)

   ゼロノミクマ、桃梨&制服向上委員会、島キクジロウ&NO NUKES RIGHTS

   小野有五(北海道大学名誉教授)、

   パク・ヘリョン(韓国・脱原発新聞共同代表)、

   チェ・スーシン(台湾・台湾緑色公民行動連盟事務局長)、

   若泉政人(もう動かすな原発福井県民署名実行委員会共同代表)、

   河合弘之(脱原発弁護団全国連絡会共同代表)、

   村上達也(元東海村村長)、

12:20よりオープニングライブ 第1ステージ  エセタイマーズ

   特に一押しは、↑!去年、フジロックにも出現、謎の4人組が、なんと亀戸に!(YouTube「エセタイマーズ」をチェック!)

   より詳しいスケジュールはhttp://sayonara-nukes.org/

 

☆事故情報編集部より

 たんぽぽ舎も9月23日、全力で参加します。目印は、黄色のノボリ旗(もう原発やめよう たんぽぽ舎)。よければ、ご一緒に。

 

 

┏┓

┗■2.噴火の時にヘリコプターは飛べない

 |  「国の支援体制」とはまさに絵に描いた餅

 └──── 上岡直見(環境経済研究所・技術士事務所)

 

 2014912日、政府の原子力防災会謙(*1)では、川内周辺の自治体の避難計画を「了承」したとし、内閣府の原子力防災担当が、政府の支援内容を盛り込んだ地学周辺自治体の避難計画を報告し「合理的な対策が講じられている」と評価した。その政府の支援内容とされるものは同会議の「川内地域の緊急時対応(*2)」とされる資料に記載されている。全体に杜撰であるが、例えば「国の実動組織の支援体制」として自衛隊による支援がイラストで示されている。

 自衛隊による支援はもともといずれの自治体の原子力防災計画でも想定されており、今ごろ国の支援として取り上げるほどのものではないが、その内容にしてもきわめて杜撰で、同資料はいわゆる大臣説明資料のマンガの域を出ないものである。同資料によると、陸上自衛隊西部方面航空隊・高遊原分屯地、航空自衛隊第5航空団・新田原基地、海上自衛隊第1航空群・鹿屋地区からヘリコプターを派遣するようなイラストである。

 高遊原分屯地の部分には輸送用ヘリコプターCH-47のイラストが描かれているが、同分屯地にはCH-47は常駐しないはずである。その他のヘリコプターは基本的に自衛隊自身の救難用であり、多数の住民の避難を想定したものではない。またヘリコプターといえどもどこにでも離着陸できるわけではなく、一定の基準で障害物のない開けた場所が必要であって要援護者の施設に直に離着陸はできるとは限らない。学校の校庭など可能な離着陸場に移動する必要があるが、その方法については何も言及されていない。

 噴火イコール巨大噴火とは限らないが、川内に特有の状況として火山の噴火が懸念されている。現在のヘリコプターのエンジンはジェット機と同じ方式のタービンエンジンであり、2010年のアイスランド噴火その他における飛行機の事故や運航停止にみられるように、火山灰が舞っている状況ではヘリコプターは飛べない。「国の支援体制」とは、まさに絵に描いた餅である。

 

(*1)http://www.kantei.go.jp/jp/singi/genshiryoku_bousai/

(*2)http://www.kantei.go.jp/jp/singi/genshiryoku_bousai/dai04/siryou.html

PR
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
takeshijo
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]

Template by decoboko.jp