忍者ブログ

NUCLEAIRE

ニュークレール情報板
[1606]  [1605]  [1604]  [1603]  [1602]  [1601]  [1600]  [1599]  [1598]  [1597]  [1596
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

たんぽぽ舎です。【TMM:No2346

2014年11月27日()地震と原発事故情報-6つの情報をお知らせします

                            転送歓迎

━━━━━━━

★1.阿蘇山噴火-火山灰が30km離れた大分県竹田市に降った

   自然からの警告を無視する政府と九州電力

   阿蘇は川内原発と玄海原発にとって特に深刻な危険性のある火山

                       山崎久隆(たんぽぽ舎)

★2.『議論しよう-安倍内閣と原発再稼働』 第1回

   原発事故を「期待」している安倍政権

   自民党打倒     環境経済研究所(技術士事務所) 上岡直見

★3.衆院選:「落とそう!原発大好きイレブン」

                    緑茶会

★4.九州電力川内原発再稼働阻止の活動を続けよう

   11月.12月.1月.2月やることがたくさんあり

   第2陣高浜原発再稼働阻止の準備活動も着々と…

   11/22討論集会の報告

         柳田 真(たんぽぽ舎、再稼働阻止全国ネットワーク)

★5.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)

  ◆1111()発信の【TMM:No2330】でご案内しました

   「被ばく労働を考えるネットワーク結成2年」11.29 報告集会の

   講演は、西野方庸さん(関西労働者安全センター)に変更です

★6.新聞より

  ◆高浜 延命へ特別点検 関電40年超の原発で初

                (1127日東京新聞より抜粋)

━━━━━━━

11/29集会と講演会にご参加を!

 NODU国際行動デー「劣化ウラン兵器の最新情報&原発」

 日 時:1129()14時より17

 お 話:山崎久隆さん(劣化ウラン研究会、たんぽぽ舎)

 会 場:「スペースたんぽぽ」(ダイナミックビル4F)

 参加費:800

━━━━━━━

11/29連続講座「原発とテレビメディア」第3弾にご参加を!

  -監視と抵抗…視聴者の責任-

 日 時:1129()18時より20

 講 師:加藤久晴さん(メディア総合研究所研究員)

 会 場:「スペースたんぽぽ」(ダイナミックビル4F)

 参加費:800

━━━━━━━

 

┏┓

┗■1.阿蘇山噴火-火山灰が30km離れた大分県竹田市に降った

 |  自然からの警告を無視する政府と九電

 |  阿蘇は川内原発と玄海原発にとって特に深刻な危険性のある火山

 └──── 山崎久隆(たんぽぽ舎)

 

 1125日午前、阿蘇山中岳第一火口が噴火した。

 規模は小さく、周囲はレベル2の立ち入り制限がされており、人的被害はない。

 火山灰は風に乗り、ほぼ東の方向に流れたことで、30kmほど離れた阿蘇市の東に隣接する大分県竹田市で降灰が観測されている。

 南九州の火山活動は、3.11以降活発化した例が観測されており、阿蘇山もその一つ。桜島を有する姶良カルデラと共に、阿蘇山一帯の阿蘇カルデラも又、巨大噴火を過去に何度も引き起こしたカルデラ火山である。

 何度もしつこく書いてきたが、火山により生じる危機は火砕流だけではない。巨大カルデラ噴火が起こらなくとも、今回の阿蘇噴火や毎日のように爆発的噴火を繰り返す桜島のように、噴火と共に発生する火山灰(火砕降下物という)でも、十分危機的状況になるのである。

 言い換えるならば、原発に火山灰を降らせる可能性のある火山は全て、原発に取って危険な存在であり、その規模、到達可能性を考えなければならない。

 その意味でも阿蘇は川内原発と玄海原発にとって特に深刻な危険性のある火山である。その火山が噴煙を上げているさなかに、川内原発を再稼働をしようというのだから恐怖以外の何物でも無い。

 

 

┏┓

┗■2.『議論しよう-安倍内閣と原発再稼働』 第1回

 |  原発事故を「期待」している安倍政権

 |  自民党打倒

 └──── 環境経済研究所(技術士事務所) 上岡直見

 

 原発の再稼働に関して「リスクを軽視し経済優先」と批判されるが、それだけならば、賛否はともかくとして一つの説明ではある。

 しかし安倍政権の再稼働推進にはさらに隠された邪悪な意図がある。戦時中に防空法という法律ができた。この基本的な発想は、住民の避難を原則として禁止し、消火活動等に協力させるということである。防空演習として、バケツリレーや濡れむしろなどが強調され、民間防空を讃える歌などまで制作されたが、米軍の都市空襲に対して何の効果もなかった。

 都市空襲があるということはすでに制空権が失われているのであり、敗戦は必至であった。むしろ空襲への恐れを高めることによって、住民同士を監視させて統制し、町内会を政府の下部組織として、中央集権を強化することが防空の目的であった。守る対象は国民ではなく体制であった。これはまさに、現在の規制委が示すように「住民を避難させない防災計画」と強い類似性がある。

 安倍政権は、むしろ原発過酷事故があればあったでそれを利用しようと考えていると思われる。

 常識で考えれば、原発の過酷事故が起きればお手上げということはわかっている。戦争の惨禍を避けるには戦争をやめるしか方法はない。安倍政権打倒こそがいま有効な原子力防災である。安倍晋三は選挙の結果によって自民党総裁としては退陣の可能性があるが、官僚と電力業界に操られている自民党政権では誰が総裁になっても同じだ。

 言いかえれば自民党打倒こそ有効な原子力防災である。

 

 

┏┓

┗■3.衆院選:「落とそう!原発大好きイレブン」

 └──── 緑茶会

 

小倉志郎です。

 日本を滅亡させかねない福島第一原発事故は続行中であり、終息の目処さえ立っていないのに、原発再稼動や輸出を強引に進めようとしている安倍晋三首相が突然、衆議院を解散させることを決めました。

 来る衆院選挙(12/2公示、12/14投開票の予定)では、原発が大好きな代表的人物11人を落選させようと緑茶会()が素晴らしいリストとイラストをつくってくれました。

 次の緑茶会のアドレスにアクセスして見てください。

    http://ryokuchakai.com/2014/11/18/11/

(:緑茶会(脱原発政治連盟) 102-0082千代田区一番町9-7一番町村上ビル6F

   URLhttp://ryokuchakai.com  Emailryokuchakai@gmail.com

PR
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
takeshijo
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]

Template by decoboko.jp