忍者ブログ

NUCLEAIRE

ニュークレール情報板
[1575]  [1574]  [1573]  [1572]  [1571]  [1570]  [1569]  [1568]  [1567]  [1566]  [1565
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

たんぽぽ舎です。【TMM:No2331

2014年11月12日()地震と原発事故情報-5つの情報をお知らせします

                           転送歓迎

━━━━━━━

★1.鹿児島県庁行動3日間-感じたこと

   スーツペンギンの一群、県庁玄関に立ちはだかる

   だが、その前を「脱原発」の横断幕が、両脇を「原発ゼロ」のノボリ旗が・・

                      奥内知子(たんぽぽ舎ボランティア)

★2.九州電力は〈自然からの最後の警告〉に耳を傾け

   川内原発再稼働をストップせよ!

   目先の欲望(ゼニ)にふりまわされることをやめ正気を取り戻せ!

   九州電力株式会社 代表取締役社長 瓜生道明殿

                再稼働阻止全国ネットワーク

★3.11/16講談発表会のお知らせ

   私の所属する、講談サロン「香織倶楽部」発表会

   私も「田中正造伝」から「川俣事件の巻」の書下ろしの発表

                    甲斐織淳(アマチュア講談師)

★4.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)

  ◆11/16韓国の原発の現状を知る学習会

   -日韓市民の連帯で脱原発の道を開く-

   講師:金 海蒼(キム・ヘチャン)さん《慶星(キョンソン)大学環境工学科教授》

  ◆11/22「さよなら原発 東電・東葛支社前デモ」27回目のお誘い

      1330分集会 場所:「南柏中央第一公園」

      主催:郷土教育全国協議会・東葛支部

         原発止めよう!東葛の会

★5.新聞より2つ

  ◆柏崎刈羽原発 事故想定訓練 新潟、住民も参加

                (1111日東京新聞より抜粋)

  ◆県民説明会は再稼働後 川内原発 知事「来秋めど」

                (1111日東京新聞より抜粋)

━━━━━━━

 

┏┓

┗■1.鹿児島県庁行動3日間-感じたこと

 |  スーツペンギンの一群、県庁玄関に立ちはだかる

 |  だが、その前を「脱原発」の横断幕が、両脇を「原発ゼロ」のノボリ旗が・・

 └──── 奥内知子(たんぽぽ舎ボランティア)

 

○ 「川内原発再稼働を許さない共同行動」(11月5日~7日鹿児島県)に東京から参加しました。参加の内容は以下の通りです。

1)11月5日()午後:臨時県議会傍聴

2)11月6日()一日中:県庁前広場で抗議行動

3)11月7日()午前:自然発生の抗議集会

 11月5、6、7の3日間は私にとって貴重な経験となりました。ここでは3日目の出来事をお話しします。

○ 11月7日()、朝9時過ぎ、本会議の傍聴はせず、庁舎内を見学しようと正面玄関に近づくと、そこには、しかめっ面の紺色スーツの県職員達が塊になって立っていました。出入り口は2か所らしく、それぞれの場所に横5-6人、奥行き3段ほど(30人以上)で立ちはだかり、誰も、どんな理由ででも中に入れてくれません。(車椅子の男性が庁舎内のトイレを使いたいと頼んだら「確認してから」と言って通してくれませんでした。)

○ すでに何人かの県民らしき男性達が抗議の声を上げていました。「今日の会議をテレビで見たいんだよ。どうして見せないんだ。」と、ほぼ怒鳴り声。職員は見せない理由を何やら説明していましたが、「そんなのおかしいやないか!」「民主主義やろ!」「知る権利があるやろ!」と、人々は納得しません。そのうち他にもモニター傍聴希望の人々が大勢集まって来ました。

 そして「開けろ!」「開けろ!」のコールです。叫んでいたのは主に中高年の人々でしたが、中に一人元気そうな若い女性がいました。彼女は小型の太鼓とマイク&スピーカー(肩に掛けるタイプ)を持っていました。でもそれは使わずに自分の肉声で力強く抗議の声を上げていました。10分から15分ほど小競り合いやコールが続きましたが進展はありません。すると彼女は突然、男たちの真ん前に座り込んでしまいました。背筋を真っ直ぐに伸ばしています。

 いい感じだなー、ほかにも座り込む人が続くといいなー、と期待したのですが、残念ながら続きません。私は思い切って彼女に近づき小声で言いました。「あなた、太鼓持ってるじゃない。マイクもあるし・・・。なにかパフォーマンスやってくださいよ。」すると彼女はすっくと立ち上がり、マイクを使って大声で語り始めたのです。なぜ川内原発の再稼働に反対なのか、チェルノブイリや福島で何が起こり、今どうなっているのか、いっぱい、いっぱい、訴えました。

○ ふと彼女のゼッケンに目をやると背中に"ふくしま"の文字があります。傍にいた60代の女性は置いてあった太鼓を取り上げ、その女性の訴えに呼応して太鼓を打ち始めました。「ドンドン、ドンドコ、ドンドコ、ドンドン!」それ以後、人々は次々にマイクを取り、自分の主張、県政の間違いを訴えました。もう止められません。

 他の原発立地の代表や水俣からの婦人の発言、長年原発の問題を訴えてきた学者のスピーチもありました。この騒ぎに引き寄せられて、別の場所で抗議行動をしていた人たちもだんだん庁舎前に集まって来ました。何人かがデジカメ撮影やツイキャスを始めました。様々なノボリ旗を持った人々も6~7人やって来ました。お坊さんもノボリ旗を持ってやって来ました。彼らは最初、成り行きを見ていただけだったのですが、そのうち他の何人かが県庁職員達の前に「脱原発」の長い横断幕を張ったのに気が付いて、それでは自分たちも、と正面玄関へ移動しました。

○ 左右2か所のドア前にいた職員たちは一方のドアにカギを掛けてしまい、もう一方のドア前だけに一極集中、合体して大きな塊になっていました。丁度南極のペンギン達が塊になって立っているみたいに。そしてノボリ旗組は両側から3~4人ずつで職員達(30数名)を挟み込む形になったのです。

 前には「脱原発」横断幕、両側に「原発ゼロ」やその他のノボリ旗、まるで県職員達が脱原発を訴えているかのような構図です。愉快な絵になっていました。 見物していた人々は笑いながら、それぞれケイタイやスマホで写真を撮っていました。中には勇気のある人がいて、立ちはだかる職員一人一人の顔写真を激写していました。市民側の優勢です。地元メディアが取材したかどうかは分かりませんが、この"即興抗議集会"を誰か記録してくれないかなーと願いつつ、私はその場を離れ、午後の便で東京に戻りました。

○ この騒動の中、偶然NHKの若手クルー達4人が通りかかったので、私は取材するように頼んだのですが、「今日はその担当ではないので・・・」と、訳のわからない事を言いつつ、ゾロゾロ通り過ぎて行きました。(だったら何の担当なのよ、この役立たず!もう受信料なんか、払いたくない!)

 

 

┏┓

┗■2.九州電力は〈自然からの最後の警告〉に耳を傾け

 |  川内原発再稼働をストップせよ!

 |  目先の欲望(ゼニ)にふりまわされることをやめ正気を取り戻せ!

 |  九州電力株式会社 代表取締役社長 瓜生道明殿

 └──── 再稼働阻止全国ネットワーク

 

 九州電力が川内原発(鹿児島県)の再稼働へ向けて申請書を提出したのは9月10日であり、それを受けた原子力規制委員会が「新規制基準に適合」と判断し、政府・資源エネルギー庁が再稼働OKを明記した文書を鹿児島県知事(伊藤祐一郎)と薩摩川内市長(岩切秀雄)に手渡したのは早くも9月12日である。

 ここから、フルスピードで準備されてきた川内原発再稼働へ向かって、川内地域住民はもとより、日本列島住民の生活と命の安全をまったく無視した再稼働暴走は、より加速されている。住民たちの、あふれる不安と疑問の声をすべて無視しての川内市議会の「同意」(1028)から県議会への「同意」へとそのプロセスは進みつつある。

 2011年3月11日の福島の原発を襲った地震・津波(放射能)事故以来、日本列島は、地震の大活性期に入ったという警告を、多くの地震学者は発しだしていた。そして、今年9月27日の「戦後最大の噴火災害」をもたらした御嶽山(長野・岐阜県境)の大噴火は、この活性期に入っているという警告を、より決定的にリアルなものとした。

 この大噴火は、九州電力や原子力規制委の、『多くの火山学者たちの「予知不可能」という主張』を無視した、再稼働を正当化するための「予知可能」という論理(ホラ)を粉々に打ち砕いた。それはまったく予兆を確認できない状態での、50人を超える死者を出す、悲劇的なものであったのだから。

 「火山噴火予知」可能のインチキだけではない。耐震設計の基準とする揺れである「基準地震動」策定手続きは、「過小」にするために、まともに行われていない事実も明らかにされ、設定基準に含まれている「オフサイトセンター」(免振重要棟)は、工事が完成すらしておらず、シビアアクシデントにも対応するとする「新基準」の売りものであった「フィルター付きベント」は設置予定が2016年とされている。さらには、避難計画は、絵に画いた餅の机上プランすら、まともに立てられない事態である。事実上避難は不可能であることは自治体サイドが「自白」している。

 この状態で、あなた方は、無責任にも、どうしても川内原発を再稼働しようというのか。ギリギリまだ遅くはない。

 〈自然からの最後の警告〉に、素直に耳を傾け、目先の欲望(ゼニ)にふりまわされることをやめ、正気を取り戻せ!川内原発再稼働を中止せよ!

PR
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
takeshijo
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]

Template by decoboko.jp