忍者ブログ

NUCLEAIRE

ニュークレール情報板
[1022]  [1021]  [1020]  [1019]  [1018]  [1017]  [1016]  [1015]  [1014]  [1011]  [1013
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

┏┓

┗■3.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)

 └────

 

◆演劇「L7~無色透明のクライシス」 作:杉浦久幸  演出:菅原司

 

3・11東電福島原発事故から3か月後に脱原発劇「指揮者のいない合唱団」

を書き下ろし注目を浴びた劇作家杉浦久幸が、2年半ぶりに改めて反・脱原発

運動の現状と原発に頼らない人々の新しい生き方を問う。

 

日時 11月7日(木)19:00~、

   11月8日(金)14:00~19:00~、

場所 深川江戸資料館(地下鉄清澄白河駅)

チケット 前売大人2500円、学生2000円。

問合せ

 TEL/FAX 03(3389)7057 劇団もっきりや・門岡

 090(3503)8531 菅原司 090(4385)7973高橋

 

 

◆講談と講演 子ども・被災者支援法 原発告訴団とふくしまの現状

 

日時 11月16日(土)13時~16時

場所 市ヶ谷・JICA地球ひろば2F国際会議場(市ヶ谷駅)。

参加費1000円

内容

 天草保養プロジェクト報告、神田香織新作講談「福島の祈り」、

 講演「なぜ私たちは東電・国・専門家の<罪>を問うのか」

   講師 佐藤和良さん(いわき市議会議員)

主催 NPO法人「ふくしま支援・人と文化ネットワーク

   問合せ p-c-netw311nifty.com

要予約 FAX045-392-8043NPO事務局宛)

    専用メールアドレス: 131116@support-fukushima.net

 

 

┏┓

┗■4.新聞・雑誌より3つ

 └────

 

◆新橋スーツデモ600人  「原発やめよう」「家族を守ろう」

 (1031日 東京新聞より抜粋)

 

 参加者がスーツを着て脱原発を訴える「脱原発☆スーツデモ」が30日夜、

東京・港区のJR新橋駅周辺であった。仕事帰りの会社員らが繁華街や東京電力

本店(千代田区)前を歩き、「原発反対」「家族を守ろう」と声を上げた。

 主催したのは会社員の扇田未知彦さん(47)やフリーライターの川口和正さん

(49)ら4人。「原発に反対しているのはごく普通に働く人たち」と参加を呼び

掛けたところ、約600(主催者発表)が集まった。(中略)

 繁華街での行進は、沿道からも「サラリーマンばっかりだ」と注目を集めた。

扇田さんは「普通に働いている人が声を上げることができた」と話した。

 

 

◆住民の被ばく回避前提  福島事故の検証が先

 柏崎刈羽 安全審査了承の新潟知事

 (1025日 東京新聞より抜粋)

 

 新潟県の東京電力柏崎刈羽原発の再稼働をめぐり、安全審査申請を条件付き

で了承した同県の泉田裕彦知事が本紙のインタビューに応じた。県はフィル

ター付きベント(排気)設備の運用に、県や立地自治体の避難計画との整合性

を求めており、知事は「避難計画で対応できないと分かれば、了承は無効にな

る」と強調し、早期再稼働に否定的な見方を示した。

 (中略)知事は「福島第一原発の事故の検証なくして再稼働の議論はできな

い」とする考えに変わりはないと主張。多くの立地自治体は、安全審査をクリ

アすれば安全を確保しているとする立場だが、知事は「住民の被ばくをどう

やって避けるかが事実上欠落している」として、あらためて新規制基準の不備

を批判した。(後略)

 

 

◆東電の除染費免除検討  支払い、4700億円に限定 経産省

 (1029日 茨城新聞より抜粋)

 

 東京電力福島第一原発事故に伴う除染費用をめぐり、経済産業省が、東電の

支払い義務をこれまでの実施分約4700億円に限定し、今後実施される除染や中

間貯蔵施設の費用は免除する案を検討していることが28日分かった。東電の経

営再建へ向け、負担軽減を図るのが狙い。

 だが環境省や財務省では、東電の全額負担を明記する特措法の改正が必要と

して慎重論が強く、東電救済のための国費投入は反発が出るのが必至だ。

(後略)

 

 

◆原発輸出 首相推進を鮮明に  企業連合、トルコ受注合意

 (1030日 東京新聞より抜粋)

 

 安倍晋三首相は29日夜(日本時間30日未明)、トルコのエルドアン首相と

イスタンブールで会談した。

 これに先立ち、三菱重工業などの企業連合体はトルコ政府と原発建設受注で

合意。会談後の共同記者会見で安倍首相は「原発事故の経験と教訓を共有する

ことで、世界の原子力安全の向上を図ることは日本の責務だ」と述べ、原発輸

出を推進する姿勢を鮮明にした。(後略)

PR
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
takeshijo
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]

Template by decoboko.jp