忍者ブログ

NUCLEAIRE

ニュークレール情報板
[1631]  [1630]  [1629]  [1628]  [1627]  [1626]  [1625]  [1624]  [1623]  [1622]  [1621
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

たんぽぽ舎です。【TMM:No2358

2014年12月11日()地震と原発事故情報-5つの情報をお知らせします

                           転送歓迎

━━━━━━━

★1.福島原発震災は終わっていない

   誰が引き起こした事故かを考える

   福島の人々の思いは、本当に届かないのだとしたら

   原発事故はこれからも幾度も繰り返すことになる

                   山崎久隆(たんぽぽ舎)

★2.「討論しよう!安倍政権2年間と原発再稼働」第5回

   一人一人が互いに主権者としてのレベルを高め合い、

   安倍政権や原発の本質への理解を高め合う必要がある

                      ペンネーム 心

★3.12/6学習会「吉田調書・原発再稼働を問う」の感想

       これが最後の教訓          ぐみ坂キッド(たんぽぽ舎ボランティア)

★4.県知事が同意をしても3・11前の日本に戻すわけにはいかない

   再稼働の嵐に立ち向かう、その闘いはこれからが本当のスタート

   11月川内原発再稼働反対・鹿児島抗議行動に参加して (上)

              青山晴江(再稼働阻止全国ネットワーク・詩人)

★5.テント日誌12月8日(月)

   経産省前テントひろば1185日商業用原発停止445日

   通りがかりの人も好意的で平穏な一日だった  (I・K)

━━━━━━━

※短信 12/11()原子力規制委員会との交渉=保安院より悪い

                        ……柳田 真

 1211()、参議院会館講堂で、再稼働阻止全国ネットワーク主催により、

 原子力規制委員会との交渉が2時間半おこなわれた。参加者54名。

 交渉の中味は、九州電力川内原発再稼働の不当性。20頁の資料(阻止ネット

 作製)に基づき、規制庁(3人出席)を追及。工事計画と保安規定の審査は

 どうなっているかを追及したが、九州電力の文書=工事認可申請書は白紙が

 いっぱいで公表。肝心のデータが載っていない(山崎久隆さん追及)

 白紙公表を規制委も認めた。

 司会のまとめの言葉

 『規制委員会(規制庁)は、あの悪名高かった原子力保安院よりもっと悪い』

 に、参加したみんなが同感。(詳しくは明日、他の方の報告文予定)

━━━━━━━

12/13()【集会とデモ】川内原発再稼働反対!反原発渋谷大行進

 13時集合 代々木公園けやき並木渋谷側  14時大行進出発

 主催:首都圏反原発連合

 たんぽぽ舎も参加します。

━━━━━━━

12/13()学習会

 原発とテレビメディア5回シリーズ 第4弾  参加歓迎!!

 NHK原発ドキュメンタリーの欺瞞

  <映像上映>息を吹き返した推進派、巻町民が反原発町長を当選

              させるまでを描いたドキュメンタリー

 日 時:1213()18時より20

 お 話:加藤久晴さん(メディア総合研究所研究員)

 会 場:「スペースたんぽぽ」(ダイナミックビル4F)

 参加費:800

━━━━━━━

 

┏┓

┗■1.福島原発震災は終わっていない

 |  誰が引き起こした事故かを考える

 |  福島の人々の思いは、本当に届かないのだとしたら

 |  原発事故はこれからも幾度も繰り返すことになる

 └──── 山崎久隆(たんぽぽ舎)

 

○ 1128日付けの「河北新報オンラインニュース 河北抄」には、次のような記事が掲載された。

 『もしまた、福島県で原子力災害が起きたらどう行動すべきか。いわき市平に住む会社員の女性(54)は、よく夫と話すという。建設関連業者の夫は仕事で頻繁に福島第1原発に入る。「原発の敷地内で働いている時だったら、構うことはないから、とにかく遠くまですぐ避難しろ」と言われている。助からないかもしれないと思って「諦めてくれ」というのが夫の意見。「半ば本気で言っている」と女性は受け止めている。

 津波と同じ“てんでんこ”が夫婦間の了解事項になりつつある。

 それでも、どこに向かうのかは決められない。夫は200キロ以上離れろとアドバイスするが、問題は方角。「その時の風向き次第。(放射性物質の拡散方向を予測する)SPEEDIのようなものがあればいいんですが…」。だが国は今後SPEEDIを使わない考え。何を頼りにすべきか分からない。

 いわき市が行った住民アンケートでは全体の40%が避難先を決めており、そのほとんどが「県外脱出」。

 福島県民にとって原子力災害という悪夢の再来は、決して絵空事ではない。』

    http://www.kahoku.co.jp/column/kahokusyou/20141128_01.html

 

○ 今、再稼働を巡る議論が行われているところは、福島から遠く離れた場所が多い。川内原発はその中でも最も遠く離れている。それは偶然などではない。

 身近に福島原発震災を経験した人が多ければ多いほど、再稼働など思いもよらないことだからだ。先月行われた福島県知事選では、全候補者が福島第二原発の廃炉を主張した。いまさら動かせるはずもない原発であるから、自民党の支援を受けた候補でも気楽に主張できたのであろう。しかし第二原発がダメで川内原発が良いという根拠は何処にあろう。候補者に対して川内原発など日本の他の原発再稼動を問うたマスコミは無かった。

 河北新報の記事にあるような夫婦は特別な存在ではない。むしろ福島から離れたくても離れることがままならない人々の多くが思っていることに違いない。

 だが、これが福島県民だけのことなのだろうか。では川内原発などの日本中の原発で働き、その近くに住む人たちは、そんなことを思ったこともないのだろうか。とてもそうとは思えない。

○ いわきの夫婦には、もはや選択肢は無くなった。第一原発は廃炉も出来ず放射能をまき散らした。既に取り返しの付かない事態になっている。これを誰かが安全に「閉じる」作業をしなければならない。放射能拡散事故、大惨事を防ぐ方法は、他の原発に比べて格段に困難になってしまった。それは炉心が崩壊したからにほかならない。しかし他の原発は炉心崩壊していないし、長時間動いてもいなかった。言うまでも無いことなのだが、原発の持つ危険性は福島第一原発とは比較にならないほど小さい。

 何かを犠牲にしてもなお、原発が必要と思うのは、原発事故を絵空事としか思っていない証拠だ。どうせ起こるはずがない。だったらそれで儲けたい。そこにある意見は、その程度のことでしかない。そんな意見で原発など動かされたらたまらない。福島の人々の思いは、本当に届かないのだとしたら、原発事故はこれからも幾度も繰り返すことになる。

 

 

┏┓

┗■2.「討論しよう!安倍政権2年間と原発再稼働」 第5回

 |  一人一人が互いに主権者としてのレベルを高め合い、

 |  安倍政権や原発の本質への理解を高め合う必要がある

 └──── ペンネーム 心

 

  未だに安倍さん達が、ほこらしげにアベノミクスと言ってるのは、実態は、ほとんどの人の実質賃金を減らし続け、購買力を下げ、株高の恩恵は一部の人だけという事にしっかり気づいてる有権者が多くはないからかもしれません。

 脱原発が多数派であっても、原発のマイナスを本当の意味で理解している有権者は少ないかもしれません。放射性物質の害が少ないかのような御用専門家やマスコミの情報が、あふれているわけですし。

 安保闘争後の日本の教育では、主権者としての国民は育たないし、日本の政治の真実は分からないし、マスコミの情報からも真実は、ほとんど知れません。

  一人一人が互いに主権者としてのレベルを高め合い、安倍政権や原発の本質への理解を高め合う必要が有ると思います。

  小異は有っても、大同で『安倍自民を負かす、脱原発』などで団結して選挙の票の分散化を避けないと、組織票が固い自公を勝たせてしまいます。

  今回の選挙は大同団結をしましょう。

 

 

┏┓ 

┗■3.12/6学習会「吉田調書・原発再稼働を問う」の感想

 |  これが最後の教訓

 └──── ぐみ坂キッド(たんぽぽ舎ボランティア)

 

○ 吉田所長にとって柏崎刈羽原発事故の教訓は「原発は安全にできている」ということだった。3.11は無惨にもそれを完全に否定した。過去この国は幾つもの実地教育を受けてきた。「お前たちは間違っている」と。

 例えばノモンハン事変~太平洋戦争の様々な作戦の失敗が好例だ。教訓を無視、あるいは楽観的に曲解し軌道修正することは殆ど無かった。何度失敗しても同じやりかたを繰り返した。

 現在も「アンダーコントロール」「世界一厳しい安全基準」等でわかるように教訓を正しく読み取る能力は微塵もない。

 原発過酷事故に対して人間はあまりに無力だと伝える吉田調書を、再稼働を強行しようとする人達は葬ろうとした。「お前たちは間違っている」という教訓はこれが最後である。残り時間は僅かだ。この次は国破れても山河は無い。

○ 山崎久隆さんのレジュメの一部

 吉田調書の最も重要なポイントは、原発過酷事故対策に人間が操作に行って回避しようとしても、多くの場合失敗に終わることを伝えたかったのだ。福島第一原発事故を回避できたとしたら、それは恐らく偶然のなせる業、4号機使用済み燃料プールに原子炉ウェルと機器仮置きプールから水が流れ込んで回避できたことや(-中略-)あるいは過酷事故を起こさない設計とするかしかないだろう。(現時点では想像でしかないが)

再稼働するかどうかは結論がでてしまっている。

 

吉田調書のダウンロード

http://www.cas.go.jp/jp/genpatsujiko/hearing_koukai/hearing_list.html

朝日新聞 吉田調書

http://www.asahi.com/special/yoshida_report/1-3.html

PR
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
takeshijo
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]

Template by decoboko.jp