忍者ブログ

NUCLEAIRE

ニュークレール情報板
[1596]  [1595]  [1594]  [1593]  [1592]  [1591]  [1590]  [1589]  [1588]  [1587]  [1586
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

たんぽぽ舎です。【TMM:No2341

2014年11月21日()地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします

                           転送歓迎

━━━━━━━

★1.安倍政権に「レッドカード」を!!

   「アベノミクス」は所詮、砂上の楼閣

   「アベノミクス」3本の矢は折れている

   国民の反撃を甘く見ている安倍政権に一撃必勝

                    山田和明(たんぽぽ舎会員)

★2.九州・薩摩川内市についての誤解-

   鹿児島県内の18市町の社会経済指標を比較してみると

   薩摩川内市が特に優れていたという証拠はない

                環境経済研究所(技術士事務所) 上岡直見

★3.広島テレビのプルトニウム燃料を追跡したドキュメント

   放送する前から電力会社の圧力

   放送後、製作部門は解体、スタッフは配転や大阪転勤に

   11/15「原発とテレビメディア」第2弾に参加して

                西村俊弘(スペースたんぽぽ講座運営委員)

★4.新聞より4つ

  ◆アベノミクスのまやかし 経済学者・伊東光晴氏に聞く

   国民よ失敗に気づけ

   第1の矢 飛んでいない 第2の矢 折れている 第3の矢 音だけの鏑(かぶら)矢?

                   (1119日東京新聞「こちら特報部」より抜粋)

  ◆解散 私たちの争点は? アベノミクス実感ゼロ

   再稼働是非問う機会 沖縄、安保目そらさず   (1119日東京新聞より抜粋)

  ◆汚染水 凍結止水を断念 福島・地下トンネル セメントで埋める方針    (1121日東京新聞朝刊より抜粋)

  ◆経産省相次ぎ原発優遇策 核燃サイクル延命 すでに破綻同然 「処理先延ばし コスト増」

           (1121日東京新聞「こちら特報部」より抜粋)

━━━━━━━

11/22()学習会にご参加を!

 「福島原発事故 被災者支援政策の欺瞞」(岩波新書)の背景

 講 師:日野行介(ひのこうすけ)さん  (毎日新聞記者)

 日 時:1122()14時より16

 会 場:「スペースたんぽぽ」(ダイナミックビル4F)

 参加費:800

━━━━━━━

11/22報告・討論会にご参加を!

 九州川内原発再稼働阻止の闘いは続く

 「12月から2015年1月・2月の闘う方針」をみんなで討論しよう!

 日 時:1122()18:30から21:00

 会 場:「スペースたんぽぽ」(ダイナミックビル4F)

 主 催:再稼働阻止全国ネットワーク

 資料代:500

━━━━━━━

 

┏┓

┗■1.安倍政権に「レッドカード」を!!

 |  「アベノミクス」は所詮、砂上の楼閣

 |  「アベノミクス」3本の矢は折れている

 |  国民の反撃を甘く見ている安倍政権に一撃必勝

 └──── 山田和明(たんぽぽ舎会員)

 

○ 1118日 国民の多くがなぜ今?と首を傾げている間にとうとう衆議院解散が決まった。安倍首相の記者会見を見て、「随分追い詰められているな」というのが正直な感想。

 あの第二次安倍改造内閣発足認証式(女性大臣5人に囲まれた))の晴れがましい顔とは打って変わって苦悶の表情が際立った。それもその筈、国民の多くが見抜いている本音と建前を使い分けるレトリック、いくら隠しても話している本人が一番分かっているのだから辛いわけだ。

 種明かしをするまでもなく、本音とは、消費税でも何でもなく、「後4年、自分に政権をやらせてくれ、その間に集団自衛権、秘密保護法、原発再稼働、すべて仕上げて、出来れば最後に憲法改正、再軍備、あわよくば核装備までしたい!」

「あまりにも見え見えだよ、安倍君!」

○「アベノミクス」は所詮、砂上の楼閣みたいなもの。「デフレ脱却」言葉はいいけど、要するに金融緩和は、日銀にお金を刷らして、市場にばら撒く、円安の恩恵で大企業だけが利益を独占、国民の借金が増えただけのこと。一部大企業の労働者は賃上げがあったが、一般の国民には関係ないどころか、消費税と円安による原材料の値上げのダブルパンチ。財布の紐を締めるのは当たり前。7~9月期のGDP年率マイナス1,6%はむしろ予想通り、驚くに当たらない。

 結論付けすれば、「アベノミクス」3本の矢は折れている。

 最早残された道はレッドカードしかない。

○ 安倍自身が自分に放った3本の矢。

第一、小淵優子をアベノミクスの要、経産大臣に起用したこと。今彼女は検察の調べを受け、身を隠しているらしい。この一事だけでも任命責任者の果たした役割は重大。

第二、沖縄知事選の敗北。10万票近い大差で現政権にノーを突き付けられたこと。

第三、アベノミクスを市場が否定したGDPマイナス成長。

 そもそも国民に真意を問うなら、憲法解釈を変え、集団自衛権を発動しようとした方が先ではないか。安倍首相には始めから民主主義を履行する意思などさらさらない。

 大きな被害が出ないうちに解散して、自分に不利な芽を摘み取ろうという私利私欲があるのみ。

 さらに言えば、安倍首相の背後には巧妙で姑息な巨大官僚組織が存在すること。不況や経済の変動に左右されず、天下りなどで国民の税金を自由に操る彼らこそ真の主導者といえる。生殺与奪権を奪われたマスメディアもこの主導者には従う他にない。

○ では今度の選挙で安倍政権に退場してもらうことは出来るだろうか?

先ず前2回の選挙で棄権した有権者を掘り起こすこと。単純化すれば、投票率を上げれば可能となる。安倍政権イエスかノーかで投票所に足を運んでもらうこと。

 1988年のチリ選挙でピノチェト独裁政権を打倒した「NO」という映画のように大勢の人たちが、あらゆる通信手段(ツイッター、フェイスブックなど)を使い、投票を呼びかけ安倍政権に「NO」を突き付けよう。

 自民党と公明党併せて過半数を割ったら退場する(80人減)と随分と低いハードルを課した。それ程自信がないのか、いや絶対にあり得ないと見ているに違い。

 国民の反撃を甘く見ている安倍政権に一撃必勝。

 日本の民主主義を守るためにみんなで一緒に立ち上がろう。

 

 

┏┓

┗■2.九州・薩摩川内市についての誤解-

 |  鹿児島県内の18市町の社会経済指標を比較してみると

 |  薩摩川内市が特に優れていたという証拠はない

 └──── 環境経済研究所(技術士事務所) 上岡直見

 

 川内原発再稼働に関して、薩摩川内市長も鹿児島県知事も、さすがに公然と原発推進とは言えないので「経済のためにやむを得ず」と説明をしている。また各種の世論調査も最初から「経済か、リスクか」という組み立てで調査している。 しかしこれがそもそもミスリードだろう。というのは、福島事故前から、鹿児島県内の18市町の社会経済指標を比較してみると、薩摩川内市が特に優れていたという証拠はないからだ。

たとえば

納税義務者当課税対象所得 3位

労働力人口当りに対する完全失業者の比率(少ない順) 6位

人口当り生活保護費(少ない順) 5位

人口当り出生数 3位

財政力指数 3位

 という具合で、国策がどうこうという前に原発がなくても薩摩川内市より優れた指標を示している県内の他市町がいくらでもある。

 原発で雇用を生み出していたはずなのに、人口あたり失業者の比率が県内6位というのは説明がつかないだろう。人口当り出生者数など、これからいつ放射能を浴びるかわからず避難もできない、という状況の下では今後ますます減ってゆくだろう。

 「原発がなければもっと下がる」という消極的説明なのだろうか。リスクと引き換えにするには余りにも頼りない「経済」である。
PR
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
takeshijo
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]

Template by decoboko.jp