忍者ブログ

NUCLEAIRE

ニュークレール情報板
[1665]  [1666]  [1667]  [1661]  [1659]  [1660]  [1647]  [1648]  [1649]  [1650]  [1651
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

たんぽぽ舎です。【TMM:No2380】
2015年1月16日(金)地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします
                     転送歓迎 重複ご容赦願います
━━━━━━━
★1.テントが危ない!経産省前テントを守ろう支援・連帯の集会1.26
★2.今月・2月・3月の日程(学習会・デモ・ほかアクション)
★3.東京電力福島第一原発の最新情報をお伝えします(春橋哲史)
★4.新聞から
 ◇再生エネ買い取り 強まる制約 太陽光 20円台引き下げへ
  (1月16日 東京新聞より抜粋)
━━━━━━━

┏┓
┗■1.テントが危ない!経産省前テントを守ろう支援・連帯の集会1.26
 │ 上映会と支援者・参加者から連帯のメッセージ
 └────

【経産省前テントを守ろう支援・連帯の集会1.26】
 日時 1月26日(月)19時~21時30分
 場所 スペースたんぽぽ(千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル4階)
 参加費 800円(内半分をテントへカンパ)、学生:400円
 問合せ たんぽぽ舎 TEL 03-3238-9035

 <内容>
 ・映像上映「テント1000日 おテントさまが見ている」
 ・支援者からのメッセージ
  原発現地から --- 相沢一正さん(茨城県東海村議)
  テントひろばから --- 淵上太郎さん、正清太一さん
  テント応援団から --- アソシエーション(associations.jp)から
  たんぽぽ舎から --- 柳田真、沼倉潤
  テント泊り番から --- 乱鬼龍さん、帯谷れい子さん ほか
  福島の女たちから、沖縄支援者から、自治体議員から
  テントを守ろうハガキ から --- 横田朔子さん、内海洋子さん
  大口昭彦弁護士から、ほか参加者から。メッセージ紹介。

 ※テントを守ろう・2回目集会を2月18日(木)夕方に予定しています。
  支援・連帯しよう! ぜひご参加ください。


┏┓
┗■2.今月・2月・3月の日程(学習会・デモ・ほかアクション)
 └────
(学習会の会場は「スペースたんぽぽ」(たんぽぽ舎のビル4階)です)

1/17(土) 18:00~20:00 参加費800円
学習会【原発とテレビメディア:全5回シリーズ第五弾】
 ―日本製の原発映画の問題点・外国製の原発映画との比較・日本製は
 なぜ駄目なのか― <映像上映>あり 講師:加藤久晴さん

1/22(木) 19:00~21:00 参加費800円
学習会【「東電は責任をとれ」連続講座 第12回】
 「原発事故と環境汚染 3回連続講座 その2」 講師:藤原寿和さん

1/23(金)・1/30(金) 18:30~20:00 <2月も同時刻に開催予定>
【川内・高浜原発再稼働やめろ!永遠に原発ゼロに!再稼働反対!
 首相官邸まえ抗議】 呼びかけ:首都圏反原発連合

1/24(土) 18:00~19:30
【川内・高浜原発を再稼働させない!東京集会】
  会場:豊島公会堂(参加費がかかる場合があります)終了後、デモ
  主催:さようなら原発1千万人署名市民の会

1/24(土) 14時~19時 参加費(資料代)500円
【全国金曜行動・交流会議】須藤靖明さん講演会「川内原発再稼働と火山」
 会場:薩摩川内市御陵下公園運動場会館
 主催:かごしま反原連  協力:再稼働阻止全国ネットワーク

1/25(日) 午前9時~11時
【全国金曜行動・川内原発ゲート前大抗議行動】
  薩摩川内駅西口広場より貸し切りバス運行(集合あさ8時)
  問合せ 再稼働阻止全国ネットワーク TEL 070-6650-5549

1/25(日) 13:00~16:00
【ストップ川内原発再稼働! 1.25全国集会】
 集会 13:00~14:00  会場:天文館公園(鹿児島市)
 デモ 14:30~16:00
 主催:ストップ再稼働! 3.11鹿児島集会実行委員会

1/26(月) 19:00~21:30 参加費 800円
討論会【テントが危ない!テントを守ろう応援連帯集会】
 DVD上映「テント1000日 おテントさまが見ている」
 参加者の発言  主催・問合せ:たんぽぽ舎 TEL 03-3238-9035

1/29(木) 19:00~21:00 参加費 800円
学習会【槌田ゼミ新シリーズ「福島原発事故基本講座第10回」
 川内・高浜原発の科学的欠陥を除くために】講師:槌田敦さん

1/31(土)・2/1(日) 
【高浜原発再稼働阻止 高浜現地 車デモ】 車デモと地域情宣
 呼びかけ:若狭の原発を考える会、「若狭の家」運営委員
 問合せ :再稼働阻止全国ネットワーク TEL 070-6650-5549
 (東京からも参加予定。希望者はお問合せ下さい)

*****2月の予定*****

2/3(火) 19:00~21:00 参加費800円(学生400円)
学習会 【大間原発をめぐって見えてきた日本の姿】
 講師:野村保子さん(大間とわたしたち・未来につながる会)
 *開会まえ18時半からDVD上映あり

2/4(水) 14時~17時
【川内原発再稼働阻止・原発いらない!
 鹿児島の女たち&福島の女たちの共同アクション 第1日目】
 呼びかけ:原発いらない鹿児島島の女たち、福島の女たち
 14:00~15:00 経産省・規制委 申し入れ
 15:30~16:30 内閣府申し入れ
 16:00~17:00 官邸まえ抗議(予定)
 呼びかけ 鹿児島の女たち&福島の女たち 協力:3.11鹿児島集会実行委他
 賛同・協力 募集中!
 「労働者集会」との連携を図り、共同でのアピール行動を行います。
 「労働者集会」は18時半から日比谷コンベンションホールで開催されます。

2/4(水) 17:30~18:45
【九州電力川内原発 再稼働反対!九電東京支社への抗議行動】
 場所:有楽町電気ビル前(JR有楽町日比谷口下車)
 呼びかけ:再稼働阻止全国ネットワーク TEL 070-6650-5549

2/4(水)・3/4(水) 19:00~20:15
【東電本店合同抗議】(第17回、第18回)
 場所 東京電力本店前  呼びかけ:たんぽぽ舎、テントひろば
 賛同団体:東電株主代表訴訟ほか106団体

2/5(木) 11:30~15:00
【川内原発再稼働阻止・原発いらない!
 鹿児島の女たち&福島の女たちの共同アクション 第2日目】
 11:30~ 霞が関ランチデモ
 12:30~15:00 院内集会 会場:参議院議員会館 講堂

2/7(土) 18:00開場 18:30開会
【テント撤去・再稼働を許さない大集会】 会場:日本教育会館
 講演「福島 小児甲状腺ガンは異常多発」 講師:高松医師
 主催:テントひろば、テント応援団

2/13(金)・27日(金) 17:30~18:00(金曜官邸まえ行動の前段で実施)
【関西電力東京支社抗議行動】
 場所 富国生命ビル9F<ビル前に集合、中には入りません>
 呼びかけ:たんぽぽ舎

2/15(日) 13:30~17:00 参加費500円
【再稼働阻止全国ネットワーク 討論集会】
 「原発再稼働 これまでの取り組みと今後の方針-現地行動を踏まえて」
 会場:スペースたんぽぽ  詳細後日

2/21(土) 18:00~20:00 参加費800円
学習会【原発と核武装、はやぶさ】 講師:原田裕史さん

2/24(火) 19:00~21:00 参加費800円
学習会【「東電は責任をとれ」連続講座 第13回】
 「原発事故と環境汚染 3回連続講座 その3」 講師:藤原寿和さん

2/26(木)
傍聴と集会【第10回 経産省前テント裁判】
 東京地裁 103号法廷、14:30開廷(抽選になる場合があります)
 法廷終了後、報告集会  詳細後日

*****3月の予定*****

3/1(日) 13:30開会【たんぽぽ舎 第27回総会・26周年】
 会場:スペースたんぽぽ
 ☆第1部 総会
 ☆第2部 記念講演 講師:木幡ますみさん 山崎久隆さん
 ☆第3部 懇親会
 参加費 第1部:無料、第2部:800円、第3部:2500円、2部・3部通し3000円

3/2(月)【九州電力本社交渉】(福岡市)
 主催:3・11鹿児島実行委員会 ほか 詳細後日

3/11(水)【第4回 3・11原発いらない地球(いのち)の集い】
 場所:福島市音楽堂
 共催:原発いらない福島の女たち、スリー・ノンの女たち  詳細後日

3/14(土)【原発のない福島を!県民大集会】
 会場:福島市・あずま総合体育館
 主催:原発のない福島を!県民大集会実行委員会  詳細後日

3/28(土) 18:30開場 19:00開会
【福島を忘れない!さようなら原発大講演会】
 会場:新宿文化センター (集会終了後、デモ予定)
 主催:さようなら原発1千万人署名市民の会  詳細後日


┏┓
┗■3.東京電力福島第一原発の最新情報をお伝えします
 └──── 春橋哲史(東電前抗議アクション参加者)

凍土方式遮水壁造成の為のボーリング:1月7日現在、2034本予定中1102本。
全体の約54.2%終了。

・固体廃棄物の保管量:14年11月末現在、約21.2万立方メートル
 その内、金属やコンクリート等の瓦礫が約13.2万立方メートル、伐採木が約
 8万立方メートル
・液体廃棄物(汚染水)の貯留量:1月8日現在、約59.3万t
 その内、ALPS処理待ち水が約30.1万t、同処理済み水が約26万t
・設置済みタンクの貯留容量上限は約74.1万t
・2012年の汚染水の増加量は約14.1万t/月間平均約1万1800t/1日平均約386t
・2013年の増加量は約16.3万t/月間平均約1万3600t/1日平均約447t
・2014年の増加量は約18.4万t/月間平均約1万5300t/1日平均約504t

固体廃棄物・液体廃棄物とも、増える一方です。
今後の増加量を正確に予測することは困難ですが、廃棄物の増加量は右肩上が
りの傾向を示しています。今年中に何らかの手を打たなければ、2016年以降、
福島第一で発生する廃棄物が敷地の外に溢れ出す可能性が極めて高くなると思
われます。

尚、この原稿は、1月9日の金曜行動(国会正門前・希望のエリア)での自分
のスピーチに、加筆・訂正したものです。


┏┓
┗■4.新聞から
 └────

◆再生エネ買い取り 強まる制約 太陽光 20円台引き下げへ
 (1月16日 東京新聞より抜粋)

 経済産業省は十五日、再生可能エネルギーの買い取り価格を決める有識者会
合「調達価格等算定委員会」を開き、二〇一五年度の買い取り価格を検討し始
めた。(中略)
 政府は昨年十二月に、原発を重視して大手電力七社が受け付ける太陽光発電
の電力量に上限を設定。自然条件で出力が高まりすぎる場合は電力会社側が自
由に出力を抑えられるようにするなど、再生エネ事業者への制約を強めた。再
生エネが増える展望がないまま買い取り価格の引き下げが先行することに、委
員からは「政府が再生エネを増やしていく姿勢を示さなければ、事業者が参入
をあきらめてしまう」(日本環境学会の和田武・前会長)と批判もあがった。
(後略)
PR
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
takeshijo
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]

Template by decoboko.jp