忍者ブログ

NUCLEAIRE

ニュークレール情報板
[1005]  [1004]  [1003]  [1002]  [1001]  [1000]  [998]  [999]  [997]  [996]  [995
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

たんぽぽ舎です。【TMM:No1996

2013年10月22日()地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします

                           転送歓迎

━━━━━━━

★1.四国、伊方原発ここが危ない 連載1

   事故時の避難ができない佐田岬半島の孤立可能性集落

                 小倉 正(原発さよなら四国ネット)

★2.再稼働は日本を滅ぼす  (連載4)

   汚染水止めろ行動と12月1日()伊方集会へ全力参加

   原発ゼロ運動の当面の重点はこれだ

         柳田 真(たんぽぽ舎、再稼働阻止全国ネットワーク)

★3.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)

    ◆10/26講演会(西東京市公民館市民企画事業)のお知らせ

                 場所:田無公民館視聴覚室

★4.新聞・雑誌より5つ

  ◆堰の水12カ所あふれる 汚染水、外洋流出濃厚 福島第一

                  (1021日東京新聞より抜粋)

  ◆金曜デモに生きる希望   (1021日東京新聞=発言=より)

  ◆告訴団、検審申し立て 原発事故 東電幹部ら不起訴受け

               (1016日東京新聞より抜粋)

  ◆責任明らかにする場を 原発事故 告訴団、検審に期待

               (1017日東京新聞より抜粋)

  ◆「東京五輪より復興が先」 青山通りで開催返上デモ

               (1021日東京新聞より)

━━━━━━━

10/23規制庁抗議行動へご参加を!

 規制庁は汚染水対策に全力をあげよ、再稼働審査中止せよ!

 日 時:1023()12:00から13:00

 場 所:原子力規制庁前(六本木一丁目駅2番出口)下車4分

 主 催:再稼働阻止全国ネットワーク(たんぽぽ舎も参加しています)

━━━━━━━

 

┏┓

┗■1.四国、伊方原発ここが危ない 連載1

 |  事故時の避難ができない佐田岬半島の孤立可能性集落

 └──── 小倉 正(原発さよなら四国ネット)

 

 ※事故情報編集部より、四国電力、伊方原発3号機が規制委の適合審査で再稼働の一番手といわれています。伊方原発の大問題点について、読みごたえある文=9つの問題点として論点整理されています。それを著者の了解を得て9回で連載します。

 

 「下を見たら、くらくらするような、手すりもない急な石段を登りつめた所や狭い背戸にくっつくように家が建ち、よその庭を通ってしか行けない家々に住む人々がいます。事故が起きた時、細長い半島、伊方や佐田岬半島から脱出するのに弱い岩盤のいくつものトンネルがあります。海がしけたら船は出せない。津波が来たら船も岸壁に着けない。ここに住むおばあちゃんは「私らはよう逃げん、どないして逃げるの。あきらめとらい」と言います。」

100ヶ所の急傾斜地、193ヶ所の土砂災害指定区域など、各戸単位で孤立するおそれがあるが、避難計画は町の計画待ち。

・全面緊急事態時には半島西側住民は原発の傍を通れなくなるが、未だに大分県との避難支援に関する協定も結ばれていない。

・自衛隊等が全力を尽くすことになっていても、地震・津波の広域化などの状況に左右される。

 

フクシマの例:5km圏内の大熊町双葉病院からの患者避難には5陣にわたり延べ5日間掛かりました。全員避難の難しさを物語る例です。

 

注:1019日の茨城新聞に伊方原発ルポ=「避難住民孤立のおそれ」という記事

  が載っている。『地元で反原発を訴えてきた元記者、近藤誠さん(66)は「事

  故があったとき住民はどこに逃げればいいのか。まさか、原発内を通るわけ

  にもいかない。昨年の防災訓練では、天候が悪くて船やヘリも近づけなかっ

  た」と懸念を口にした。』

 

 

┏┓

┗■2.再稼働は日本を滅ぼす  (連載4)

 |  汚染水止めろ行動と12月1日()伊方集会へ全力参加

 |  原発ゼロ運動の当面の重点はこれだ

 └──── 柳田 真(たんぽぽ舎、再稼働阻止全国ネットワーク)

 

・『原発再稼働は日本を滅ぼす・連載4』は、反原発の当面の重点を述べます。

 (私の考えていること)

 原発ゼロをめざす運動は、実に多くの課題があります。その課題に取り組む人にとってはそれが重要ですが、同時に、原発推進勢力が何を中心=重点を考えているか、という側面からもみる必要があります。

 今、原発推進勢力と安倍政権の重点は、原発再稼働です。1年半あまり、日本の原発は50基中、わずか2基(大飯原発)のみでした。それも9月に定期検査入りし、いまは原発ゼロです。

 原発ゼロでも電気は大丈夫です。この事実が広まり、長引くことを彼らはおそれています。

 

・推進側は、原発再稼働へもっていくために全力であの手、この手をうっています。原発ゼロだと電気代が高くなる(ウソだ!)とか、供給力不安におちいるとか(ウソ)、規制委員会が保証するから再稼働は安全だとか(これもウソ)。いくつも『新しい神話』をつくろうとしています。東電福島第一原発事故の汚染水(放射能猛毒水)はたいしたことない、コントロールされている(安倍首相)とかの大ウソもつづいています。

 

・これに対し我々は、再稼働に反対し闘う原発現地支援・連帯行動が第一重点だと思います。再稼働一番手といわれる伊方原発(四国電力)再稼働反対への応援連帯行動です。12月1日()伊方1万人集会へ全国からかけつけよう。広瀬隆さんの熱いアピール(10月9日発信【TMM:No1985)をごらん下さい。

 

・合わせて、汚染水問題をいい加減にしたまま、再稼働に進む3つの場所へ大きな抗議活動を連続して起こそう。

 1つは、首相官邸へ-毎週の金曜抗議行動(18:0020:00)へ参加、

 2つは、汚染水の責任企業=東京電力本店へ抗議(毎月第1水曜、11月は6日()18:3020:00)

 3つは、汚染水を止められないのに(汚染水問題はすべての原発で起きる)再稼働審査に全力の規制委員会への抗議-1023()12:0013:00の1時間。

 当面の中心課題へ多くの人の参加を訴えます。

PR
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
takeshijo
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]

Template by decoboko.jp