忍者ブログ

NUCLEAIRE

ニュークレール情報板
[992]  [991]  [990]  [989]  [988]  [987]  [986]  [985]  [984]  [983]  [982
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

たんぽぽ舎です。【TMM:No1987

2013年10月11日()地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします

                           転送歓迎

━━━━━━━

★1.汚染水問題は全ての原発で起きる

   汚染水(放射能猛毒水)対策なくして、原発再稼働はあり得ない

   まず、福島汚染水を止めるため、全力投球せよ

   規制委は原発の再稼働審査を中止すべき  柳田 真 (たんぽぽ舎)

★2.「原発即時廃炉」を発言する人が増えるのは良い

   小泉元首相が原発即時廃炉を確信を持って発言されるよう、

   運動する側が点検すれば良い    横原由紀夫(広島)

★3.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)

  ◆10/19「原発輸出を考える」集会と呼びかけ人募集

             会場:日本基督教団信濃町教会

★4.新聞・雑誌より4つ

  ◆港湾外からセシウム 福島第一 原発沖1キロ 汚染水漏れ影響か

                  (1011日茨城新聞より抜粋)

  ◆海洋汚染制御できず 港湾外セシウム 国際的信用問題にも

                  (1011日茨城新聞より抜粋)

    ◆桜島で爆発的噴火 多量の降灰 鹿児島市内

                                               (10月8日茨城新聞より)

  ◆六ケ所村に寄付継続 東電、東北電と年2億円

                 (10月4日毎日新聞より)

━━━━━━━

10/14(月・休日)【学習会】にご参加を

 木田節子の新たな挑戦-参議院選挙に立候補し、

 ジュネーブを訪問してわかったこと このままにはできません!

 (ジュネーブの国連人権理事会で福島の現状を訴えた報告など)

日 時:1014(月・休日)14:00開会

お 話:木田節子さん

会 場:「スペースたんぽぽ」ダイナミックビル4F

参加費:800円(学生400円)

━━━━━━━

※「地震と原発事故情報」編集部より、お知らせ

 『メルマガ読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他投稿』の

 送付先アドレスは、今後、たんぽぽ舎の通常アドレス

 「 nonukes@tanpoposya.net 」となります。

 ・お知らせ受付専用アドレス「magazine @ tanpoposya.net」は、

  10月末で終了となります。

━━━━━━━

 

┏┓

┗■1.汚染水問題は全ての原発で起きる

 |  汚染水(放射能猛毒水)対策なくして、原発再稼働はあり得ない

 |  まず、福島汚染水を止めるため、全力投球せよ

 |  規制委は原発の再稼働審査を中止すべき

 └──── 柳田 真 (たんぽぽ舎)

 

1、東電福島第一原発で起きている高濃度放射能汚染水問題は、日本の全ての原発で起きます。このことはメディアではほとんど報道されていません(報道統制)

  これは規制委の原発再稼働審査が急スピードで進められていることと密接に関連すると思われる。彼ら(電力会社、政府)は再稼働を急ぎたいゆえ、原発が過酷事故を起こした時、「全ての原発で汚染水問題が起きること」を隠しておきたいのであろう。

 

2、7月8日から、玄海原発3、4号機、大飯原発3、4号機、伊方原発、泊原発など、12基の原発が再稼働申請書を提出。審査が始まりました。

 しかし、その申請書には溶融燃料が原子炉容器の底を破って格納容器の底に落ち、コンクリートに作用するという重大事故の記述はありながら、どう長期にわたる汚染水問題に取り組むか、触れられていません。

 東電福島第一原発で、汚染水対策ができていない事実から、対策を書けないのでしょうか。

 こういう重大欠陥があるのに、規制委は昔の保安院のように、合格証を出すのでしょうか?

 

3、汚染水問題は全ての原発で起きる。

 まず東電福島第一原発の汚染水を止めることに全力をあげよ、海へ流すな!

 汚染水対策はなくして、再稼働はあり得ない。

 規制委は原発の再稼働審査を中止すべきだ。

 

 ※訂正。昨日発信の【TMM:No1986】■1.原発再稼働は日本を

  滅ぼす<連載1>の最後の段落で、『「311」事故前まで、東京での反原

  発デモは20人ぐらい』の記述は、渋谷や銀座で定例的におこなわれている

  「再処理工場止めようデモ」を指しています。

   年2回・4月と10月におこなわれている「原発とめよう!」行動は60から

  100人位でした。

 

 

┏┓

┗■2.「原発即時廃炉」を発言する人が増えるのは良い

 |  小泉元首相が原発即時廃炉を確信を持って発言されるよう、

 |  運動する側が点検すれば良い

 └──── 横原由紀夫(広島)

 

 東京の野田さんが指摘されている点に異存はありません。

 ただ、原発即時廃炉(私もずっと主張し会報で提起してきましたが)を発言する人が増えるのは良い-ということです。

 小泉元総理の過去の言動に批判がありそれを総括しなければ認められない-という事で言えば、日本共産党もそうではないでしょうか。

  私は、70年代から反原発で運動していますが、3・11で反省したのは、「自分たちと同じ意見の者は受け入れるが、原発賛成派や迷っている人たちとの対話が不十分だった」ということです。

 共産党は77年、「核絶対否定を運動の中心にという人たちがあるが、核絶対否定は反科学的であり運動論としても間違っている」と主張されました(私自身が経験しました。原水禁統一大会開催時、原発反対は意見が一致しない、ということで討論さえ出来ず、原発反対を提起した私の発言は議長団からさえぎられました。参加していた海外代表は、原発問題が議論できない核問題分科会はおかしい-と退場しました。

  とにかく、今は、一人でも多くの(また、政治に影響力をもつ人たち)人々が、「原発は直ちに止めよ」と声を挙げることが必要だと考えます。

 過去の言動が誤っていたと反省することは運動する立場の者にとっては必要不可欠ですが、現実にはたやすいことではありません。往々にして左翼と呼ばれる人たちほど反省の言葉を述べず、「自分たちは最初から一貫して反対だった」との立場を取る人たちが多いようです。

  小泉元総理が原発即時廃炉を確信を持って発言されるよう、運動する側が点検すれば良いと考えます。

 小泉元首相の発言に右往左往する必要はありませんし、感情的に反発する必要もないと思います。

 

 ※事故情報編集部の1010日発信【TMM:No1986】での「…小泉発言について皆さんのご意見をお寄せください…」に対するご意見の1つです。

  引き続き、以下のように皆さんのご意見をお待ち致します。

 【メルマガ編集部より:

 小泉元首相の「原発即時ゼロ発言」について、様々な意見があります。

 今後の反原発運動の前進を目指して、小泉発言について皆さんのご意見を

 お寄せください。メール nonukes@tanpoposya.net FAX 03-3238-0797

 

PR
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
takeshijo
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]

Template by decoboko.jp