忍者ブログ

NUCLEAIRE

ニュークレール情報板
[496]  [495]  [494]  [493]  [492]  [491]  [490]  [489]  [488]  [487]  [486
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

たんぽぽ舎です。【TMM:No1514】
2012年7月12日(木) 地震と原発事故情報-6つの情報をお知らせします
 
                           転送歓迎
━━━━━━━
★1.<7.13緊急!大飯原発3号機を停止せよ!首相官邸前抗議>
★2.<耐震不安 大飯停止を>
     国会事故調「地震も原因」浮上 (東京新聞 7月12日)
★3.<御用メディアと市民メディア - 白石 草さん講演会
     マスコミが信用できないなら自分たちでつくろう!
★4.7/17 園良太さん ごくろうさん会のご案内-4団体共催
       夕方よりスペースたんぽぽにて
★5.読者からイベントのおさそい(問い合わせは主催者へお願いします
   7/15&7/22  野田首相の地元船橋でデモ
★6.<テント日誌 7/10(火)―経産省前テントひろば 302日目>
     水俣病患者会の人たちの座り込みに連帯を!
     7・13 官邸前~霞ヶ関を人の波で埋め尽くそう!
━━━━━━━
 
┏┓
┗■1.<7.13 緊急!大飯原発3号機を停止せよ!首相官邸前抗議>
 └────  ※当日は下車駅にご注意下さい※
 
日時:7/13(金)18:00~20:00 予定
場所:首相官邸前および永田町・霞が関一帯
   ※霞ヶ関駅、虎ノ門駅、桜田門駅をご利用ください)
   ※千代田線・丸ノ内線の国会議事堂前駅は大混雑が予想されます。
呼びかけ:首都圏反原発連合有志
・この抗議行動の情報を拡散する為に、緊急拡散のご協力をお願いします!
 
※集合の目印として「たんぽぽ舎」の黄色い旗を時間限定で立てています※
 
┏┓
┗■2.<耐震不安 大飯停止を>
 |    国会事故調「地震も原因」浮上 
 └────          (東京新聞 7月12日)
 
 東京電力福島原発事故について、国会の事故調査委員会が発表した調査報告書。
これまで津波を原因としてきた各種の報告書と違い、地震でシステムが損傷した
可能性を初めて指摘した。そうならば、津波対策に終始した関西電力大飯原発の
安全性は担保されないことになる。なぜ、政府は大飯原発を止めないのか。再び
「安全神話」を強いる政府に対し国会はどう対応するのか(出田阿生、小倉貞俊)
 「地震による損傷の可能性は否定できない」--。国会事故調査報告書の最大
の特徴は、事故原因についてのこの文言だ。福島原発事故の検証では、政府事故
調、民間事故調、東電の調査報告書が公表された。だが、事故原因に津波のほか
「地震」を加えたのは国会事故調が初めてだった。
 「事故原因は津波だけではない。地震が原因のひとつである可能性もあること
を排除するのはおかしい」。国会事故調で委員として真相究明に取り組んできた
田中三彦氏はこう強調する。 田中氏は原子炉圧力容器の元設計者で、現在は科
学ジャーナリスト。東電が公表しなかった写真を取り寄せ、現場の運転員らに聞
き取り調査をするなどして、東電発表の”ウソ”を暴いた。
 福島第一原発1~3号機で炉心溶融が起きた原因について、東電はこれまで一
貫して「津波で非常用電源が壊れ、原子炉を冷却できなくなったため」と主張し
てきた。ところが、津波の到達時間と東電発表の原発データの間に矛盾点が見つ
かった。東電のデータによると、非常用電源が失われたのは震災当日の午後三時
三十六分~同四十一分。この時間帯よりも先に津波が到達していなければ「津波
が原因」という説明がつかない。(中略)
 それでは、地震で配管が壊れた可能性はないのか。そこで田中氏らが注目した
のが「音」だった。(中略)
 原子炉が停止しても、燃料の崩壊熱で原子炉内の圧力が上がり、「主蒸気逃し
安全弁」が開き、上記が格納容器の下部にある圧力抑制室に流入する。主蒸気逃
し安全弁が開くと高い圧力の蒸気が配管から激しく噴出し、圧力抑制室の壁に当
たるなどして轟音を響かせるという。事故当時、全電源が喪失した1,2,3号
機の内部は真っ暗闇だった。機械の作動音さえ消える中、当たりは静まりかえっ
ていた。(中略)なぜか。「圧力容器に接続している配管のどこかが破損し、そ
こから冷却材が格納容器に噴出し、最終的に圧力抑制室に流入していれば、大き
な音は生じないと思われる」国会事故調が明らかにしたのは、津波だけでなく、
地震対策を充実させる必要があるということだ。ところが政府は大飯原発の場合、
安全評価(ストレステスト)の一時評価だけで、再稼働を決めてしまった。「安
全評価は最悪事故に至るまで、どの程度の時間があるかを調べるだけ。耐震性を
調べるのなら、原子力安全・保安院が2006年に出した耐震設計審査の新指針で再
評価(バックチェック)しなければならない。大飯のように再評価を終えていな
い原発は再稼働すべきではない。(以下略)
※「地震が事故原因である可能性は再稼働への疑問を増している」-。五日付の
米ニューヨーク・タイムズ(電子版)はこう伝えた。政府は盛んに電力不足が企
業の海外競争力を奪うという。だが、安易な原発再稼働が日本に対する信頼を以
下に損ねていることか。そこに気づかぬ政権の鈍さに嘆息する(牧)
 
 
┏┓
┗■3.<御用メディアと市民メディア - 
 |     マスコミが信用できないなら自分たちでつくろう!>
  └──── 
 
開催日:7月24日(火)19時~21時(開場18時30分)
会 場:スペースたんぽぽ
参加費:1000円(学生500円)
主 催:スペースたんぽぽ
講 師:白石 草(しらいし はじめ)さん
 
プロフィール:早稲田大学卒業後、テレビ朝日系の番組製作会社を経て、1995年
東京メトロポリタンテレビジョン社に入社。ビデオジャーナリストとして、ニュ
ース・ドキュメンタリー番組の制作に携わる。2001年に独立し、非営利のインタ
ーネット放送局Our Planet-TVを設立。2011年度放送ウーマン賞受賞著書:『ビ
デオカメラでいこうーゼロから始めるドキュメンタリー制作』(七つ森書簡)
『メディアをつくるー「小さな声」を伝えるために』(岩波ブックレットNo.823)
アワープラネットTVは設立から10年、市民の暮らしや思いを伝え続け、原発事故
後は放射能による子どもの健康被害について真っ先に取り上げた。高木仁三郎が
市民科学を目指したように、メディアの世界も今、市民とともに歩むメディアが
求められている。原発事故以降、信頼を失っているマスメディア。これに代わる
メディアを私たちの手で育てていく必要があるだろう。市民メディア発展のため
に私たちは何ができるのか、一緒に考えよう。
 
 
┏┓
┗■4.園良太さん ごくろうさん会のご案内-4団体で共催
 |        7/17(火)夕方よりスペースたんぽぽにて
 └────
 
園良太さんが、4ヶ月ぶりに保釈で帰ってきました。園さんごくろうさん会を下
記のようにおこないます。ご参加下さい。
(なお、飲食を用意する関係上、事前に参加人数をご連絡頂くと幸いです)
担当*たんぽぽ舎 柳田(090ー6029ー5511)
 
日時:7/17(火)部 午後7:00ー8:30 Ⅱ部 午後8:40ー9:40
会場:部 スペースたんぽぽ(4F) Ⅱ部たんぽぽ舎会議室(5F)
会費:部500円、Ⅱ部1000円、部Ⅱ部出席1500円
共催:4団体共催:経産省前テントひろば、たんぽぽ舎、東電前アクション、2.
9竪川弾圧救援会
 
 
┏┓
┗■5.読者からイベントのおさそい(問い合わせは主催者へお願いします)
 |  7/15&7/22 野田首相の地元船橋でデモ
 └────
 
☆原発の再稼動を止めさせる為に、野田首相の現地、船橋デモ☆
野田首相の現地、船橋で開催されるデモについてのご案内です。ご参加下さい。
 
日  時:7/15(日)集会とデモ(6月24日と同じ)
場  所:西船橋近隣公園
集  合:13:00
集会開始:13:30
デモ出発:14:00
解  散:天沼弁天池公園(JR船橋駅北側)
賛  同:原発さよなら千葉(永野勇)
「原発さよなら千葉」として賛同し、参加しますので皆さん是非「原発さよなら
千葉」の集団に参加して下さい。
 
 
☆野田総理の自宅と事務所にデモやるよ~っ!!!☆
 
「原発さよなら千葉」は、枝野経産相の地元・大宮の仲間と同時行動で下記の取
組をします。ぜひお誘い合わせの参加して下さい。
 
日 時:7月22日(日)16:00開催 【雨でもやるよ~】
場 所:新京成線薬円台駅脇「樫の木児童公園」(進行方向駅左側徒歩1分)
    薬円台駅は新京成線新津田沼駅より松戸方面2駅目・京成津田沼駅
    より3駅目です。
内 容:リレートーク16:00~17:00、 デ モ17:00~18:00
    皆さんの日頃感じていることをざっくばらんに出して下さい。
コース:約1.5kmですが、野田総理の現地事務所前と自宅前をデモります。
 
 
┏┓
┗■6.<テント日誌 7/10(火)―経産省前テントひろば 302日目>
 |    水俣病患者会の人たちの座り込みに連帯を!
 └────    7・13 官邸前~霞ヶ関を人の波で埋め尽くそう!
 
7月10日(火) 晴れ。もう梅雨は明けたのだろうか。久し振りに晴れ上がり、
ぐんと暑くなってきた。テントに日射しが当たると中も一気に熱せられてくる。
 テントの前にはにはいっぱいの短冊を提げた笹竹が何本も立ち並び、風情を醸
し出しているが、笹の葉はもう随分と枯れてきている。テントにはこのところい
つもたくさんの人が座り込んでいて賑わっている。官邸前行動の高揚感がこうい
うところにも表れているのだろうか。
 午前中に水俣病不知火患者会の方がテントを来訪された。7/3~5に続いて、
今日から3日間座り込みをされるそうだ。先日は議員会館前であったが、今日か
らは環境省前だそうだ。水俣病の症状がありながら国の「線引き」では患者と認
められない人の救済策の申請期限が今月末に迫る中、「申請を打ち切るな。期限
を撤回せよ」「全ての被害者の救済を」と訴えての座り込みである。捨ておかれ
ている人や沈黙を強いられている人はまだまだ多いそうだ。 患者会の方は福島
の放射能災害との共通性を指摘し、福島の人たちのためにも自分たちがしっかり
と道筋がつけられるように頑張らねば、と仰る。
 3・11後、水俣病はあらためて見直され、<ミナマタ>と<フクシマ>の相似
た構造に人々は気づいてきた。国と企業が一体となった国策としての推進。のず
さんな安全管理による破綻(はたん)と有害物質の放出。生物濃縮。危機にさら
される国民の生活と命。罪なき動物たちの犠牲。海の汚染。企業のウソとそれに
追随する官僚・政府・御用学者。加害者である企業と国は、被災者の訴えを無視
し、 原因をすり替え、 責任を回避し、 謝罪を拒否し等々。
 そして今、<ミナマタ>の闘いと<フクシマ>の闘いは呼応し始めている。
 午後、Kさんと図書館に向かったとき、青い幟旗が見えた。その時午前中に来
訪を受けたことを思い出し、患者会の人たちの座り込みに違いないと気づいて向
かった。弁護士の方を含めて20人ほどで座り込んでおられた。参加者名簿に名
を記すと発言を求められ、戸惑いながらも、<フクシマ>と<ミナマタ>の相似
た構造と闘いの連帯を訴えた。 川田龍平議員も見えられて自身の経験と結び合
わせながらの挨拶をされた。座り込みは11時~15時でおこなわれている。是
非、連帯を呼びかけたい。
 7月13日(金)は、官邸前行動が10万人を超える巨大行動となって3度目であ
る。きっと人の波は官邸前から霞ヶ関へと溢れかえるだろう。警察は前回に増し
て人々を官邸から遠ざけ、霞ヶ関へと散り散りにするように追求するだろう。な
らば、霞ヶ関でもこの国を牛耳る官僚達にNO!をつきつけ、再稼働反対ー脱原
発への自己決定の意志を表現する創意的な闘いをくり広げよう。
 金曜日には大阪関電前に続いて札幌でも毎週行動がおこなわれるそうだ。全国
に金曜行動が広がっていく。( Y・T )
(注)7月9日号は発刊されておりません(念のため)
PR
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
takeshijo
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]

Template by decoboko.jp